知っておくべき電車の乗り方【基礎編】

train1

知っておくべき電車の乗車マナー

今度ですね、地方の友人が就職で上京することになったんです。ですが、彼は

「東京の電車がよくわからない。怖い」

と言っていました。笑

確かに整列乗車みたいな暗黙の了解?みたいなルールありますもんね。いや、いちおう整列乗車を呼びかける放送みたいなのはありますけどね。でも、学校で習う訳でもないですし、具体的に教えてくれるところがあるわけでもないですし。

やっぱり知らない人は知らないものなんです。なので、今回は東京で電車に乗る際に知っておくべき基本ルールをまとめておきました。

今回は基礎編です。最低限のルールです。そして、次回の記事で応用編の真の都会人は無意識に使っている電車の乗車テクニックをご紹介いたします。

では、一つずつ説明していきますね。

2017/01/29

追記しました。記事の最後にもリンクを貼っておきます。

知っておくべき電車の乗り方【乗るまでの準備~立っててもいいよ編】
一年越しの記事 昨年のちょうど今頃でしょうか、こんな記事を書きました。 確か、受験の...
知っておくべき電車の乗り方【どうしても座りたい編】
知っておくべき電車の乗り方(どうしても座りたい編) 続き記事です。以前の記事はこちらから。 ...
電車内におけるポジション取りの難易度と考察
今までの記事 電車内のポジション取り考察 今回の記事では電車内の各ポ...

急に立ち止まらない

ホームだけでなく、人混みや車内全てに言えることですが、決して突然立ち止まってはいけません。都心部の人はかなりの速度で歩きます。特に大阪や東京は歩く速度世界ランカー常連になるくらい歩くの速いのです。

そんな速度で歩いてる中、前の方がいきなりピタッと止まったりするとぶつかったりして危ないんです。

なので、ホームなどを歩いていて立ち止まるときは周囲を確認し、人が後ろにいないことを確認後立ち止まりましょう。もし後ろに人が居るときには、人が少ない邪魔にならない場所に移動し立ち止まりましょう。

スマホを触るときや、時刻表を眺めたいからって急停止するのは危ないですし、迷惑になってしまうので。もちろん広がって歩いたりするのもダメですよ!

整列乗車

まずは乗り方です。基本中の基本です。整列乗車です。電車に並ばなければ乗れないほど混雑する事がない地域の方や、関西出身で整列乗車をあまり見かけない地域の方は知らないかもしれないですね。都心部では必ず役に立つので必見です。

ですが、これ東京人でもできてない人意外と多いのです。いや、できてないのではなく意図的に無視しているのかもしれませんが(´Д` )

整列乗車とは……文字通り電車に乗るときに並ぶことです。並ぶことで横入りを極力防ぎ、またスペースを節約することができます。通行人もスムースに移動できますね。

並び方ですが、実は駅によって特徴があったりします。一番オーソドックスなのは2列になって枠線のところに並ぶやりかたです。

……今頑張って作ったのですが、僕デジタルであれアナログであれセンスが無くて絵が下手なのでわかりづらかったら申し訳ない(´Д` )

整列乗車 電車

他には、新幹線のように2列でホームに書いてある枠線のように横向きに並ぶ場合や、次の電車だけでなく、次の次の電車を待つための乗車列を示す枠線がひいてあるところもあります。

整列乗車 新幹線 

今回はとりあえず一番オーソドックスな2列の整列乗車について紹介します。

乗車前

列になって枠線の内側に並びましょう。

ファーストステップ

一番前の方は必然的にホームに最も近くなります。もしかしたら後ろからぶつかられることもあるかもしれません。なので、片足をストッパーとして前に出して安定した立ち方をするのが良いでしょう。

スマホや本を読むのに熱中しすぎると危ないので程々にしましょうね。

※あまりに混雑しすぎると列が反対側のホームにまで達し、並べずに列と列の間に立ち始める人がでてきます。

そういう方が空気を読んで一番最後に電車に乗り込めばよいのですが、大抵そしらぬ顔で割り込んできます。

できれば

みんな並んでるんで

と声をかけましょう。こんな風に入られたら真面目に列に並んでる人が馬鹿みたいです。

心の狭いヤツだなぁ?

って思いますか? 僕も正直そう思います。一人くらい入れてもいいんじゃないかとも思います。ですが、自分だけならいざ知らず多くの方が並んでいるんです。一人ズルをしたら他の人もマネをします

ズル良くないです。

電車到着

電車がホームに滑り込んできました。そして減速してホームに停まりそうです。ドアがあなたの真ん前に停まりそうです。

ここです。

この段階からドアが開く前に速やかにドア横に整列します。こうすることで降りるお客さんがスムーズに降車できますね。モーゼの十戒のクライマックスばりに速やかに道をあけましょう。笑

セカンドステップ

間違ってもドアが開いた瞬間につっこんでいってはいけません。中国人観光客がよくやるんですよね……。降りるお客さんとぶつかるし、トータルで見ると、非常に効率が悪いです。怪我や事故、トラブルの元にもなりかねません。絶対にやめましょう

※もしこの電車に乗らない場合

人によっては到着した電車に乗らない場合もあるでしょう。次の空いている電車に乗りたいとか目的地が自分の行きたい方面と違うといった場合です。

その場合はですね、電車が到着した瞬間に端にズレるなり、後ろの人に

「僕次の電車なんで

と一言告げるなり、「俺、この電車には乗らないぜオーラを出す」なりしましょう。

オーラの出し方(笑)ですが、後ろの人が通れるように少し列からズレ、後ろをチラッと振り返り、その後電車が到着しても携帯や本に目を落とし、微動だにしなければ次の人が察してくれます。

乗り込む

全てのお客さんが降りたのを確認したら乗り込みましょう。決して走ってはいけません。

※この乗り込むときなんですが、ドアが階段やエスカレータに近ければ近いほど降りるお客さんは多く乗り込むのが遅れます。

なので、あえて階段を避け、かつ階段への進行方向とは逆側に立っている方が中に早く入れる確立は高まります。(後で応用編でも説明します)

人の流れ
以上の3ステップが整列乗車です。これをスムースに滞りなく行えてこそ真の都会人です。笑

電車内でやってはいけないこと

では、次に電車内でやってはいけないとされていることを一つ一つ説明していきますね。この項目の根本には「人に迷惑をかけない」という大前提があるわけです。

電車に乗るときのみならず、人の多く集まる場所に行くときには常に意識するようにしましょうね。

化粧

定番ですね。女性の方で電車で化粧をする方多いです。駄目です。

「人には迷惑をかけてない」

なんて方もいるそうですが、粉が飛び散ったりしますし。それになにより危ないんですよ。

尖ったモノや細いモノを使うわけですよね。それが揺れて人に刺さったりするかもしれないわけです。

まぁそれを言ったらペンも同じですよね。ですが、ペンであればしっかり握っていますし、使うときはそれほど高い位置ではありません。

ですが、化粧は顔にするものですよね。そのため必然的に顔の高さに細いモノがあるわけです。駄目です。止めましょう。

……正直に言うとですね、僕が先端恐怖症で怖いんです(´Д` ) なので、電車で化粧は止めてください。笑 お願いします。

大きな音

携帯の着信音が大音量で鳴り響いたり、音楽を音漏れがするくらい大音量で聴いている方。単純にうるさいです。

大声で話す

おばちゃんや学生さんに多いです。大声で話したり、手をたたいて爆笑したり。こちらも迷惑になるので程々にしましょう。

なんだかですね、書いていて

「なぜ駄目なんだろう」

って自分でもよくわからなくなってきました。笑

ですが、やはり大声で話されたり、大きな音が鳴り響いたら不快ですし、イライラしてしまいます。理屈じゃないです。

実際に多くの人が不快に感じるんです。そして多くの人がそう感じる以上、やはり公共の場ではルールやTPOに従って行動するのが良いでしょう。

もっとカッコよくスマートにダメな理由を説明したいけどできない(´Д` ) 説得力のあるナイスな理由をお持ちの方はコメント欄でこっそり教えてください。笑

せき・くしゃみ

咳やくしゃみをする際には必ず手や腕で鼻・口周りを覆いましょう。電車だけじゃなくどこでもですよ!

これやらない人って相当嫌われますよ。どんなに美男美女でも可愛い子供でも、咳をこっちに向かってされると不快です。

海外に行かれる方には覚えておいてほしいことがあります。海外では咳やくしゃみをしっかり飛び散らないように覆わないとですね、殺意のこもった目で睨まれます。笑 本当に本当に気をつけてくださいね。

手で覆ったり、後ろをむくくらいでは駄目です。

「そんなんじゃ対してかわらねーよ?」

とばかりに睨まれます。笑

さらに欧米では握手文化が普通です。挨拶に握手をするなんんて日常茶飯事です。その握手をする手で咳やくしゃみの菌を受け止めるなんてかなり非常識です。

よって、一番の選択肢は腕及び肩で完全ガードをすることです。

飲食

基本的には飲食は避けるべきです。駅の売店で飲食物を売っているし、日本には駅弁という文化もあるのに……とは思うのですが、やはり多くの方が匂いを気にされる以上控えた方が無難です。

食べものであればソース等が飛び散る可能性もありますし、飲み物をこぼすかもしれません。またあなたが気がついていないだけであなたはクチャラーかもしれません。

人を不快にさせてしまうかもしれない行動を極力控えましょう

新幹線や長距離車両、特別車両などでの飲食は大丈夫だと思います。ですが、それでも匂いの強い食べものは避け、周囲の人に一言断る等の配慮はすべきです。

混雑した車内って空気が悪いものですよね。他にも雨の日とか湿気がひどくて窓が曇ったり、昼間なんかは直射日光で冬でも汗ばむような陽気です。

そんな時に窓を開けたくなりますよね。ですが、窓を開けるときは必ず周囲の人に一言断りましょう。きっと周りの人も開けてほしかったと思うので快く応じてくれます。笑

雨の日に傘を持っているときは要注意です。

電車に乗る前にしっかり水をきる必要もあります。さもないと人の足の上に雨が滴ってしまったりします。

吊革前に立つときは傘が座っている人の足にぶつからないようにくれぐれも気をつけてくださいね。

それとですね、雨の日には傘の忘れ物多くなっていますので忘れないように気をつけましょう。

最後に、電車内ではないのですが傘に関して注意点がもう一つだけあります。駅の階段で傘を横に持たないでください

傘は縦に持つんです。

昔、駅の階段で前の人が横にして持っていた傘が目に当たりそうになったことがあります。侍じゃないんですから、しっかり縦にしてもってください! 約束ですよ。

飲酒

程々なら良いのですが、飲み過ぎはトラブルの元です。気が大きくなって周囲にからんでしまったり、吐いてしまったりするかもしれません。

気をつけましょう。

ちなみにですね、日本で一番ゲロリンチョが多い駅は新大久保だそうです。新宿で飲んだ後にいい感じで揺さぶられた結果次の駅で吐いてしまうからでしょうかね。笑

大きな荷物

混雑時にあまり大きな荷物を持ち込むのは控えた方が良いでしょう。というかですね、あまりに大きな荷物を持ち込む場合には許可が必要です。

リュックサック程度でも、背負ったままではなく前にかかえて乗り込みましょう。座る場合には網棚に載っけるか、足の間に挟んだりしましょう。

ベビーカー問題

ベビーカーは……非常に難しい問題です。混雑時にはどうしても邪魔になってしまいます。ラッシュ時には本当にスペースが無いんですよ。立っているのがやっとです。

そんな場所にベビーカーで乗ってこられるとですね、ベビーカーの周囲に立っている方が転倒しかねないんです。

そして子供さんにとっても息苦しいと思います。周りの人がバランスを崩してのしかかった来る可能性もありえます。

結論として、ベビーカーは乳幼児と乗客双方の安全のために混雑時には乗車すべきではないと思います。

ですが、地方ならいざしらず都内だとマイカーを持っていない家も多いんですよね。そして経済的な余裕がないためにタクシーも使えず、バスや電車を乗り継いで移動しなければいけない家庭もあるんです。

難しい問題ですよね。子育てがしやすい社会をなんて言いますが、未だに問題は多いです。

ここでは「乗らない方が双方にとって良い」と言いましたが、それでももしベビーカーの方を見かけたら配慮してあげてください。思いやりです。

あまりまじまじ見ない

電車の中にはいろいろな人がいます。独り言をブツブツ言ってる変な人、「俺、スイカの皮のとこ食べられるぜ」と自慢げな小学生、スポーツ新聞の風俗欄をまじまじとみつめるおじさん、モデルさんみたいにカッコいいお兄さん。本当にいろんな人がいます。

見たいのはわかります。笑 ですが、あまりジロジロ見てはいけません。

マナー違反です。

っていうか、大抵見つめてるのバレてます。笑 気をつけましょう。

※もし見つめているのがバレた時は目をそらしてはいけません。怪しすぎます。なので、目を逸らさずにピントをずらすんです。

さも

「あなたの後ろを見てるんであってあなたではありませんよ」

と言わんばかりにピントをずらすんです。笑

邪魔になるところで立ち止まらない

イイ位置をキープしたいのはわかります。ですが、乗り降りの邪魔になるような場所で立ち止まるのはだめですよ。できるだけ奥の方に入るのです。ドラマみたいに降りられないことなんて滅多にないから安心してください。

もしどうしても入り口付近をキープしたいのであれば駅に到着するごとに降りましょう。

これほんと気をつけてくださいね。マナーだけの問題ではないのです。人の流れってものすごいパワーなんです。その流れに逆らおうとするとものすごい力でふきとばされたりするんです。本当に危ないので決して乗降車の邪魔にならないようにしましょう。

座り方

座るときはできるだけ省スペースで座りましょう。

  • 席を2つ占有する
  • 隣の席に荷物を置く
  • 足を開いて座る
  • 浅く座る
  • 足を組む

等々は迷惑になるのでやめましょう。

ですが、最近のイスはすごいのです。席がしっかり区分けされていたりする場合もあります。それから浅く座れないようになっていたり、足を組めないようになっていたりするんです。すごいですね。人体の不思議。

詳しくはこちら→日経新聞 記事

新型イス

(画像参照 日経新聞HP

優先席

当然のことですが、優先席は体の不自由な方や妊婦さん、高齢者の方のための席なので空いている時以外は座らないようにしましょう。

……一見何も問題ないように見えても体の調子が悪くて座っている方もいるので、いきなり

「若いんだから立て!」

とか言っちゃ駄目ですよ!

それからですね、優先席付近での携帯電話の取り扱いについてです。

携帯電話はペースメーカー等の医療機器に悪影響を与えることがあるので電源を切りましょう

と放送がありますね。

実際はですね、もうそれこそペースメーカーが入っている胸付近に触れんばかりに近づかない限り悪影響はないそうです。

ないそうですが、それでもですね、優先席付近では携帯の使用は控えましょう。影響は無いといってもですね、やはり配慮しましょう。もしかしたら電車が揺れた拍子にぶつかってしまうかもしれませんし。思いやりです。

痴漢

当たり前ですが、男性は痴漢をしないようにしましょう。そして冤罪も起こり得るので女性に近づかないようにしましょう。もし近くに女性がいる場合は両手で吊革につかまりましょう

女性は混雑時には女性専用車両に乗ってください。本当に冤罪が怖いんですよ……。ちなみに、女性の方はこちらもよく読んでください。痴漢や性犯罪の対策についてまとめてあります。

一人暮らしの女性が気をつけるべき⑨つのこと
一人暮らしをしている女性の方へ 2016/01/17 加筆修正しました。...

盗撮を疑われないように携帯も出さない方がいいと思います。電車怖い(´Д` )

おまけ コレって差別?

※つい先日外国人の友人(男)が観光で日本に来ました。その友人は日本はレディースデイや女性専用車両、女性用トイレ(のアメニティーの存在とトイレの広さ豪華さ)、男子禁制のプリクラゾーンの存在にとても驚いていました。

なぜ日本人の男は差別されてるのに怒らないの?

と言っていました。

言われてみれば確かにひどい。笑 ですが、一方で山や土俵、歌舞伎、寿司関係など女性が入れない、もしくは入ることがタブーとされてきた場所も存在します。

また事務職などは女性が優先的に採用される一方で、女性の社会的な進出や昇進は今もって非常に困難なものとされています。

性差に関する問題は難しいものですね。

結局はゆずりあい

  1. 自分がされて嫌なことはしない
  2. 自分が嫌じゃなくても常識の範囲内で行動する

この2つを守れば大丈夫です。常識って難しいですよね。でも、常識って大抵は多くの人の快不快に基づいて成り立っているんです。なので、多少窮屈でもしっかり守るべきです。

ですが、最も大事なのは思いやりです。

困っている方やツラそうな人がいれば席を譲る。2人連れの親子だったり夫婦なのに席が離れてしまうようなら移動してあげる。誰かが忘れていった缶なんかが転がっていたら転んだりする人がいないように拾って捨てる。ベビーカーの乗降車を手伝ってあげる。

こんな感じでいいんです。少しでいいんです。少しだけ他人に優しくしてあげましょう

でも、

無理はしなくていいんです。

毎日会社に行って疲れている場合もあるでしょう。ショックなことがあって落ち込んでしまっている時もあるでしょう。

そんな時には無理しなくてもいいんです。座ってゆっくりしててくださいな。余裕がある人が、余裕のあるときに、できることをやればいいんです。

以上ですかね。これくらい知っていれば電車に乗るときに困ることはないと思います。

ターミナル駅での注意点

あ、一つだけ注意点です。新宿や東京駅のような巨大なターミナル駅です。こういった駅ではですね、

「どの出口からでればいかわからない。とりあえず適当な出口から出て案内板を探そうかな」

なんて考えてはいけません。

例えばですね、新宿の南口改札から一度でてしまった後に東口に行こうとしたら、混雑した中を15~20分程歩かなければなりません。笑 もう新宿とか東京駅は本当に迷路のようです。

なので、そういった駅では電車を降りたらすぐにホームにある案内板で出口を確認しましょう。どの階段やエスカレータを使うかで出口が全然違ってくるんです。電車を降りた瞬間にはもう勝負は始まっているんです。

以上で、本当に終わりです。お疲れさまでした。ですが、これはまだ基本編です。

近々、応用編をアップしますね。応用編は混雑する電車に乗るときに知っておくと役立つ小技集となっています。毎日満員電車に乗っている方なら知らず知らずのうちにやっているテクニックもあると思います。

では、また応用編でお会いしましょう。

知っておくべき電車の乗り方【乗るまでの準備~立っててもいいよ編】
一年越しの記事 昨年のちょうど今頃でしょうか、こんな記事を書きました。 確か、受験の...
知っておくべき電車の乗り方【どうしても座りたい編】
知っておくべき電車の乗り方(どうしても座りたい編) 続き記事です。以前の記事はこちらから。 ...
電車内におけるポジション取りの難易度と考察
今までの記事 電車内のポジション取り考察 今回の記事では電車内の各ポ...
スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

『知っておくべき電車の乗り方【基礎編】』へのコメント

  1. 名前:通りすがり 投稿日:2017/04/03(月) 21:37:03 ID:0580d867e 返信

    東京に遊びに行くときの参考にしようと思い、
    電車の乗り方について検索していたところ辿り着きました!

    東京に限らず地元でも役立つ内容で、今日からこのマナーを守っていこうと思いました\( ¨̮ )/

    全国で通じるマナーですね。
    こういうことって人から習う機会もないしとても役立ちました!

  2. 名前:多白髪おじさん 投稿日:2017/04/12(水) 18:22:57 ID:5179ec2f4 返信

    コメントありがとうございます(^^) そう言っていただけると、書いてよかったと思えます。嬉しいです(*´Д`)

トップへ戻る