家探し:ダメな物件のサインを見逃すな!

signal

見落としがちなポイント

「家探し」や「物件の内覧」というと、ついつい家の内装や設備、立地条件といったものにばかり目が行きがちですよね。

でも、もう一つ非常に大事な、見ておくべきポイントがあります。

それが家の周囲です。

「え、だからそれが立地を見るってことじゃないの?」

って思いますよね。違います。ここで私が言っているのは、アパートおよびマンションの敷地内という意味での家の周囲です。

なぜ家の周囲をよく観察しておくことが大事なのか?

家の周囲を観察することによって、そこに住んでいる住人の水準や管理会社および大家さんの目の行き届き具合がわかるからです。

どんなにイイ部屋でも、どんなに利便性に優れた場所に住んでいても、周囲の住人次第で台無しになる可能性はあります。

それを避けるためにも、隣人トラブルに発展する可能性のあるいくつかのシグナルを事前に察知することが大事です。

では、具体的に説明していきますね。
物件の見学に行った際に、周囲にこんな住人がいる、もしくはこんな光景を見かけた!場合は要注意のサインです。

2016/01/13

ブログを始めた当初に書いたモノなので文書の下手さや読みにくさが恥ずかしいです。笑 少しだけ修正しておきました。

でも、当時書いた時の気持ちだったり勢いだったりも大事にしたいので少しだけしか修正していません。


ゴミ捨て場

まずはコレですね。散らかっていないか、午後なのにゴミが回収されていなかったりしないかチェックです。

散らかっている場合

⇒夜のうちにゴミを出してしまったり、ネットをしっかりかけなかったり等の理由によりカラスに荒らされてしまっていることがほとんどでしょう。

午後なのにゴミが回収されていない

⇒住人の分別が不十分で回収されなかった、そしてその未回収ゴミをアパートおよびマンションの管理者が放置したままにしているという、住人と管理者による二重の怠慢。

以上の出来事から、2つのことが推察されます。

①ルールを守れない住人が住んでいる
②それを注意しない大家および管理人である

つまり、ルールを守れない住人は、深夜に友人を呼んで騒いだり、ペット禁止の物件でこっそりペットを飼うかもしれないという可能性もあるわけです。だって、簡単なゴミ収集のルールも守れないくらいですから。

そして、それが野放しになっている場合、大家および管理人も事なかれ主義であったり、注意や修理などを頼んでもなかなか動いてくれないという可能性もあるわけです。

汚れやすい場所や面倒くさいことを丁寧にしているかどうかで、大家さんや管理会社さんのその物件への目の行き届き具合や、住人のレベルが知れるというものです。

ポスト

散らかってないか、鍵が付いてるかどうかを調べる。

散らかっている場合上記のゴミ収集の件と同様、だらしない住人や大家さんのアパートやマンションであると言えるでしょう。

また散らかっていたり、郵便物が溜まっている、鍵が付いていないというのは防犯上も良くありません。

いつもそのようになっていると

「げへへ、ここは管理が行き届いてないに違いない……。くくく(´Д` )」

と空き巣が下見にやってくるかもしれません。郵便物はプライバシーの塊です。そのプライバシーの扱いがいい加減であるというのはとても良くないです。

余談ですが、ポストの画像探してたら女の人の目がこっち見てる画像で驚いて心臓痛くなりました……。笑

エレベーター

エレベーターが作動しない、臭い。

管理者の怠慢ですね。管理が行き届いてないです。エレベーターはアパートやマンションの生命線です。

怪我をしている方や車いすの方などは、エレベーターが付いているからその物件を選んだ方もいるハズです。

にもかかわらず、そのエレベーターの管理が甘い、汚い、臭い、ましてや作動しない、などあってはいけないことです。契約違反ですよね。

*定期的な点検などは除きます。命にかかわる重要なモノなので定期的な点検は推奨されるべきなので。

*汚い、臭いのが良くないのであって、「古い」のがダメなわけではありません。もちろん新しいほうが良いですが、定期的にメンテナンスを施されて、清潔であれば問題ないと思います。

おまけ

エレベーターで押し間違いをキャンセルする方法。長く住むかもしれないアパートやマンションなら知っておきたいテクニック。笑
cancel

玄関前

住人の私物が散乱している。これは廊下とかですね。玄関は顔ですよ。その玄関が汚れているなんて。

みんなが通る共有スペースや玄関前に私物を置いている、というのはあまりよくないでしょう。

実は自分でも

「コレ正直ちょっと厳しいかな。結構よく見るし。」

なんて思いますが(笑)、こういうちょっとしたことから徐々に徐々にエスカレートしていくんですよ。

最初は雑誌だったり、傘だったり、自転車だったりですが、だんだん増えてきたりするんです。そこで管理者が注意してくれればよいのですが……。

廊下の電球やクモの巣

単純に掃除が行き届いているかをチェックしましょう。

単に「目が悪くなるから……。」とか「暗いから。」とか「クモ怖い!」とかではないですよ!笑

コレ実は防犯上非常に大事なことなんです。
詳しくは別項にて説明しますが、割れ窓理論といって人の目の届かないところはどんどん治安だったりマナーが悪くなっていってしまう、というアメリカ発の理論なんです。(最近では、否定的な意見もありますが。)

brokenwindowtheory
なので、しっかり掃除をしたり、電球を替えたり、たったそれだけのことで空き巣被害を減らすことも可能なのです。

それと、アパートマンションを借りるときにちゃんと「共益費、管理費」を払っているのにしっかり管理してくれてないなんてなんだか納得いかないですしね。しっかりしてほしいものです!

ベランダの灰皿や缶の有無

もし周囲の住人が愛煙家の場合、ベランダで干した洗濯物に臭いが付着したり、夏場に窓を開けた際に煙と臭いに悩まされる可能性があります。火事も恐いですしね。

一番最悪なのが、下のベランダからの煙です……。夏暑いからって窓開けると煙がきたり・・・。全室禁煙の物件でもベランダだからおっけーみたいな謎ルール持ち出す人もいるので注意されたし!

事前に灰皿や缶をチェック。それでも、入居してから吸ってる人がいたら遠慮なく管理者に通報しましょう。

住人の年齢層はチェックすべき

住人が学生の場合、飲み会や麻雀大会が開催される可能性あり。外国人の場合も酒盛りをする頻度高し。

これはもうしょうがないですよね。学生が騒がしいのはそういうものなので。特に危険なのは、近くに大学があって、しかもその大学の学生が多い場合。コレはもうまずいですね。溜まり場確定です。

ウルサイからって、壁ドンしてもだめです。大人数だからか酔ってるからか気が大きくなっているので無駄です。

即刻管理会社に通報しましょう。それでも、ダメなら管理者に頼んで保護者や保証人に連絡してもらいましょう。直接注意する場合は相手が一人のときに注意しましょう。そのほうが効くので。笑


まとめ

以上の項目のどれか、または多数当てはまるようであれば住民のレベルが低かったり、管理が甘かったりなのでやめておきましょう。

入居してから、乱雑すぎる窓やドアの開け閉め、室内を走り回る騒音等に悩まされること間違いなしです。

ともかく、住人のレベルと管理の行き届き具合のチェックは必須です!

加えて、多くの物件では契約書類に酒盛りの禁止が記載されているはずです。
もし近所の住民が深夜まで騒がしかったら遠慮なく不動産屋さんや大家さんに通報しましょう。

契約時に「問題が起こったらどこに連絡すればいいか」、「どんな行為が禁止されているか」はしっかり確認しておきましょう。

見学に行った際は、部屋の中だけでなく敷地内の様子にも細心の注意を払いましょう

時間があるかたは、近隣の駐車場もチェックすべしもご参照ください。


おまけ

これだけ神経質に物件を観察してる自分ですが、それでも面白隣人に出くわすことは多々ありました。夜中に麻雀、カラオケ、飲み会。インド人でカレーの匂いが玄関まで。他にも、韓国の方でキムチの匂いが……なんてことも。

しかし、一度だけ「これは……。」と思うほど強烈な隣人に遭遇したことがあります。
今でもとても忘れられません。

ちょうど20歳の頃でした。2年住んでいた物件が更新のため、引っ越しをし、ある物件を見つけました。

部屋自体は狭いものの、新築で設備が整った物件でした。その物件の空いていた最後の一室104号室でした。希望どおりの条件で喜び、即契約をし、その週にすぐに入居しました。

その隣人さん(以下103号さん)なんですが、少しだけ派手な感じの普通のそこらへんにいそうな大学生風のお姉さんだったんです。チワワを飼ってて、本当に普通で、少し内気な感じの。入居のときに挨拶したときもすごく感じが良くて

「あぁ、イイ人そうでよかったなぁ=3」

なんて呑気に思ったものでした。

ところが、いざそのアパートに住み始めてみると、彼女のドアや窓を閉める音、ドスドス歩く音、深夜に洗濯機、同じく深夜に窓を開けて長電話でぼそぼそ。ガチャンバターン、ドスドスドス、ガラガラガラジャー、ボソボソ。

これがもうしんどいんです。

でも、それはまだいいんです。そのうちですね、電話しながらヒステリックに叫びだすんです……。

「あたしにどうしろって言うんだよ!」

とか

「お前が言ったんだろ!」

なんて聴こえてくるんです。

でも、それもまだいいんです。
一番しんどかったのは、彼女のチワワが吠えた後に決まって聴こえる新聞紙や雑誌で何かを叩いている音。その後に怯えたような鳴き声がキャインキャインってたまに聞こえるんです。

そういえばチワワを散歩させているところを滅多に見ない。見たとしてもアパートの駐車場辺りを少しうろちょろ。

これは虐待に違いない

と思いました。

大家さんに相談したり、近所の獣医さんや犬を飼っている近所のおばちゃんに相談してみましたが、民事不介入だとか、証拠が無いとねぇ……と言われました。ベランダで音声を録音はしたものの、音声だけでは判断が難しいとのことです。

そんな風に手をこまねいていたら、あるときから103の彼女の生活音がピタッと止みました。静かだな、旅行にでも行ってるのかな?なんて思ってました。

それから2週間ほど経った頃でしょうか。季節は春から夏に移り変わり始めた5月末のことです。なんだかやたらキッチンに小バエが沸くようになりました。

「アレ……最近生ごみの処理甘かったかな……」

なんて思ってキレイにして、アルコール消毒に漂白もしました。それでも、どこからか、すえた様な臭いがしました。臭いをたどってみると、どうもキッチンや洗面台、浴室の排水溝からのような気がしました。

その頃にはどうしても耐えがたい鼻の曲がるような臭いがしていました。

居ても立ってもいられず両隣の住人に異臭がしないかどうか尋ねようと思いました。ですが、片方の105の住人は何ともないとのことでした。もう片方の103のお姉さんは留守でした。なので、お姉さんのさらに反対の102の住人に訊いてみたら、やはりヒドい異臭がするとのことでした。

そこで、その住人と管理会社に事の経緯を説明し、来てもらうことにしました。
そして102の住人さんと管理会社を待ってる間に

「さては103の住人が生ごみでも放置したまま旅行にでも行ったんですかね?笑」

なんて話していました。

そして、管理会社の社員さんが到着した後、臭いを確認してもらい、「こりゃヒドい」ということで、103のお姉さんに事情を聴くことになったのですが、どうやら携帯が繋がらないとのことでした。
この時点で3人して

「……も、もしかして……事件?」

なんて思って慌ててしまい、パニックになってしまいました。

そして、管理会社の方が「鍵持ってきます!」なんて言って事務所に戻って行きました。
その間、残された私たちは落ち着かずウロウロしていましたが、

「裏側のベランダ側からならカーテンの隙間とかから何か見えるかも!」

とアパートの裏側にまわって、覗いて驚愕しました。

窓の隙間から見えたのは、窓に付着した茶色い飛沫と、尋常じゃない量の小バエでした。ドラマなんかでは殺人事件の死体には赤い血が付いていたりするけれど、実際には血は空気に触れると急速に酸化し、赤黒くなる。という豆知識が脳裏に浮かびました。

間取り

結局、その後管理会社の社員さんが来て判明した事実によると、103の女性がチワワを虐待死させてしまった後、衣服だけ持って逃げてしまったそうです。家賃が直前まで払われていたために発覚が遅れてしまったそうですが……。

その後クリーニングの業者さんが入ったものの、臭いはなかなか落ちませんでしたが、それもしばらくしたら気にならなくなりました。

残ったのは、虐待に気づいていながら何もできなかった罪悪感だけでした。もし、もっと自分が騒ぎ立てていれば。

もし、あのチワワが人間だったら、それでも自分は何もしなかったのか、もし、もっと早くに管理会社さんに相談していたらどうなっていただろう……。後悔は尽きないです。

何かと介入できない理由を付けて、結局何もしなかった。当時付き合っていた子にも、私が口だけで行動に移さなかったこと、心のどこかで事無かれであったことを見抜かれ、指摘され、恥ずべきことに八つ当たりしてしまいました。

それからは、その後悔と恥ずかしさを忘れずに、いざというときにしっかり行動できるような人になれるよう努力しています。

気になったことをサッと行動に移せる瞬発力のあるイイ人、そういう人になりたいものです。
とりあえずはサッと席を譲ったり、転んだ人に一番に駆け寄ったりを一切の躊躇なく行えるようにコツコツ頑張っています。笑


なんだか暗い話になってしまった……。
まぁ、こういうこともあるかもしれない、ということです。

いくらアパート周りの兆候に気を配っていても、どうしようもないことが起こりうるわけです。

実際103号の女の人は、隣に住むまでは至って普通の人だったのです。

気を付けても気を付けても、どこかに落とし穴はあるものです。石橋を叩いてぶっ壊して、ヘリで向かうくらい慎重にいきましょう!笑

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

『家探し:ダメな物件のサインを見逃すな!』へのコメント

  1. 名前:狙い目は物件は築○○年!! | Casa Albertaーカサ アルバータ 投稿日:2014/09/12(金) 16:27:29 ID:f993566c0 返信

    […] 家の周囲をチェック・防虫対策 […]

トップへ戻る