コメントへの返信記事③:ぴよ様

文章が無駄に長くて申し訳ないです(;´д`)

前回のしまだ様への返信記事に同時に3件分のいただいたコメントへの返信を載せようと考えていたのですが、長くなってしまったため泣く泣く分割しました(‘_’)

僕、昔から無駄に話が長いんですよね。わかりにくい例え話も多いですし、話も逸れたりしがちです。簡潔でわかりやすい文章を書けるように善処します。

では、早速進めていきます。いつもと同じように頂いたコメントを掲載しつつ、僕の意見を述べていきます。

ぴよ様のコメント

コメントを頂いた元記事はこちら

悪口を言う人はこんなにも損をしている
悪口を言うということ 悪口ってストレスが溜まるとついつい言ってしまいがちですよね。理不尽な目に...

少し長いコメントですので、後で要約も載せておきます。

初めまして。

先日母の一周忌がありました。母には母(私の祖母)と兄姉と夫と娘二人がいます。
四十九日までの法要は自宅でするので喪服ではなく軽装でしましょうとなり、初盆も夏で暑いので軽装がいいとの意見があったのでそうしました。

今回は私も姉もみんな喪服を着ました。母側の方達に何も聞かれなかったので自分が喪服を着るということを伝えていませんでした。

母側の3人が(祖母、姉、兄)軽装でお寺にこられました。こちらは特に何も思ってなかったのですが。それよりも法要後の食事会を欠席すると言われていたのでそっちの方が驚きとショックでした。兄を空港に送って行くからと言われたのですが祖母は80過ぎですし、叔母も免許を持っていないし嘘なのだろうなと思いました。

一周忌の次の日の朝、祖母から電話があり恥をかいたじゃないか!!!母と姉と兄なのに!とと20分程怒鳴られました。私が軽装でいいと言ったくせに!!と言われ今回の服装については聞かれてないと言ったのですが。確かに私が喪服を着ると決めた時に伝えれば良かったのだろうけど思いましたがイライラしました。
私的には母と姉と兄なのに食事会に来ない事のほうが義父義母義弟にたいして恥ずかしいと思いました。

そのイライラを旦那に話した時に、人の悪口はあんまり言ってもいいことはない!!と言われハッと思い悪口で検索したらこちらのサイトを見つけ素晴らしいなぁと思いました。こういう事件が多々起きます。祖母二人がとても元気でよくプリプリなってます。今後もすぐ起きると思います。

私はまたきっとイライラして祖母の悪口を旦那や友達に言いたくなってしまいます。子供が一歳になったばかりでこんな悪口言う母の姿を見せたくないです。どの様にすれば悪口を言わずうまく対応できるようになりますか?

まずはコメントを頂きまして、ありがとうございます。

要約すると、

ぴよ様のお母様の一周忌法要があった⇒参加者には軽装で良いと連絡をした⇒実際には、ぴよ様とお姉様は喪服で参加⇒ぴよ様祖母様方は軽装で参加⇒ぴよ様祖母様方「軽装で良いって言ったのに、みんな喪服じゃない! 恥かいた!」と食事会をキャンセルして帰宅⇒後日、電話にてお叱りを受ける

という事件ですね。

まずは問題点についてお話します。その後、改善点と今後の対策について。そして最後に悪口の解消法について一緒に考えていきましょう。

問題点①ホウレンソウ不足

ぴよ様も既に、

確かに私が喪服を着ると決めた時に伝えれば良かったのだろうと思いました

と言っておられるので問題点は把握しておられると思いますが、やはりホウレンソウ(報告・連絡・相談)不足ではあったな、と感じます。

決してぴよ様を責めているわけではないのですが、祖母様方の気持ちも少しわかります。というのも、僕も経験があるからです。笑

僕は以前、5年ほど米国に留学していた経験があります。その際に、「ラフな格好でおいで」とパーティーに誘われたりしたら、みんな本当にラフな格好なんです。笑 Tシャツにジーンズにスニーカーだったりします。

一方、日本でラフな恰好で~と誘われて行ってみたら、みんな結構フォーマルなんです(;´д`) タイをしていないだけで、それフォーマルじゃん!みたいな。笑

文化の違いや、僕の勉強不足・リサーチ不足といってしまえばそれまでですが、やっぱり恥をかいてしまったな、と思いました。

僕の場合は若さ故の過ちで済みますが、祖母様の場合はどうでしょうか?

身内とは言え親戚一同が会する儀式中、常識を弁えているべきである年長者である自分達だけが軽装で参加。これは正直恥ずかしいと思います。実際には、ぴよ様や周りは気にしていないとしても、です。

結果として、恥ずかしさが怒りに変換され、ぴよ様に当たってしまったんだと思います。

ホウレンソウ不足でしたね。ホウレンソウ不足です。

不足なんですが、別にぴよ様だけじゃありません。祖母様方も「みんなどんな格好で行くの? 喪服で行くかしら?」と尋ねることもできたはずです。

もちろん、ぴよ様が「私は喪服で行きますが、皆には軽装でとお伝えしています」と伝えていれば問題は起きなかったかもしれません。

でも、結局結果論です。結果を知っているから「ああしておけば、こうしておけば」と言えますが、当事者だと中々気づけませんよね。

多分、僕がぴよ様の立場でも同じだったと思います。「軽装でいいよ!」と言ったんだから、軽装で来られても気にしないし、むしろ食事会をドタキャンされたら「はぁ(´Д`)!?」「キャンセル料は?」「もっと早く言えなかったの?」とイライラします。笑

冠婚葬祭なんてプロの方や、経験者でもない限り、作法やマナーなんて知りませんし。百歩譲って作法やマナーならググレばわかるかもですが、根回しや打ち合わせ・暗黙の了解なんてどうしようもないですもんね……。

問題点②旦那さん

文面からは判断しづらいのですが、旦那さんが少し薄情な気がします(‘_’)笑

そのイライラを旦那に話した時に、人の悪口はあんまり言ってもいいことはない!!と言われ……

その通りなんですが、旦那さんの協力度によっては他人事にも程があります。

ホウレンソウ不足で問題が起こってしまった訳ですが、決してぴよ様だけのせいではありませんし。家族ですし、旦那さんですし、親戚が一堂に会するイベントですし、そこは協力して事に当たるべきですよね。

仮にしっかり協力してくれていたとしてもですね、落ち込んでいる可愛い奥さんの愚痴くらい聞いてくれてもいいと思うんです。仕事とかで疲れているのかもしれませんが、夫婦なんですもん、伴侶が落ち込んでたら聞いてあげてもいいと思うんです。唯一の気を抜いて本音で生活できるハズの家庭ですら愚痴が許されないなんて悲しすぎます。

「俺が気づかなかったせいで、ごめんな」とか「連絡任せちゃってすまん。次はもう少し手伝うよ」くらいは言ってほしいですよね。

改善点・今後の対策

以上、2点を踏まえた上での今後の対策です。

結論からいうとですね、周囲の人間をもっと巻き込みましょう。自分だけの視点ではどうしても限界があります。どんなに気を付けていても見落としがあるものです。

なので、周囲の人を巻き込むんです。人が増えれば、情報も増えますし、客観的な意見ももらえます。その過程で報連相も行えます。責任も分散できます。

特に年寄r……ゲフゲフン……年長者はねらい目です。笑 長く生きているだけあって色々詳しいですし。それとやはり、年長者は必要とされたり、頼られるのが嬉しい方が多いんです。重要人物扱いされたいんです。

なので、少し下手にでて「恥ずかしい話なんですが、こういった経験があまり無くて……〇〇さんなら詳しいと思うので色々教えてもらえませんか?」と色々教えてもらいましょう。

ですが、ただ教えてもらうのはアレなので、事前に自分で調べるのとお礼はしっかりしましょう。そうすればお互いWIN-WINです。

これで今後の問題の大部分は排除できると思います。

ちなみに、お年寄りの扱いについては、こちらの記事が参考になるかもしれません。タイトルはヒドいですが。笑

歳を重ねるにつれて性格が悪くなる件について
年を取ると時間が早く流れるように感じるワケ いきなりおじいちゃんみたいなことを言うようですが、年齢...

とりあえず今すべきこと

正直、僕だったら絶対にやりたくないです。やりたくないですが、今後のことを考えるなら謝っておくのも一つの手かな、と思います。

僕なら絶対に嫌ですが(´д`)笑

ですが、今後も冠婚葬祭で顔を合わせることはあるでしょうし、円滑に物事を運ぶためにも一言詫びておくのがいいかもしれません。

「(実際には悪かったとは思っていないけど)連絡の不備でご迷惑おかけいたしました。恥ずかしい話ですが、今までこういった機会が無かったため、慣れていなくて本当に申し訳ないです。今後は(お互いに)報連相をしっかりします。それと、もしご迷惑でなければ、今後何かあれば(メンドクサイけど、また面倒起こると嫌だし仕方ないから)〇〇さんに相談させてもらってもいいですか?」

みたいな感じでどうでしょうか? カッコの中は絶対に言わないでくださいね!笑

大抵の人は怒っていても真正面から素直に謝られると弱いんです。素直に謝られると納得はしていなくても「お、おぅ、次は気をつけてね」となったりします。笑

なので、一つのテクニックとして謝罪も視野に入れてみてはいかがでしょうか? ……悔しいのでやりたくはないですが(´д`)

今回の本題:悪口について

悪口はダメです。と、言うのは簡単ですが、そうキレイゴトばかりでは片付きませんよね。正直、僕にはぴよ様がどうすればいいのか分かりません。分からないので、参考までに体験談を載せておきます。

ストレスを溜めやすく、子供に悪口を言ってしまう母の元で育った僕が当時考えていたことを載せておきます。

まずですね、悪口はダメと言いながら自分の身内の悪口を言ってしまいますことを先にお詫びしておきます。お見苦しいところをお見せして申し訳ないです。

僕が悪口を言う母に対して思っていたこと

以前、別記事でも書きましたが、ウチの父はですね、僕が人生で出会った全ての人の中で最も優れた反面教師です。あれほどのク〇を見たことがありません。

DVする人される人・体験談もあるよ!
DVとは…… 今回は少し重めのトピックです。DVについてです。 みなさんはDVに...

自分にはとにかく甘くて、人には異常に厳しい人です。酔って暴れますし、酔ってなくても暴れます。笑 野球で巨人が負けたり、僕が電気をし忘れたり、彼の間違いを指摘したり、暴れる理由は多岐に渡ります。

レストランに行くと、自分が注文間違えたのにもかかわらず逆切れして怒鳴ったりします。「まっずいなぁ。こんなんで金取るのか?」と大声で言ったりもします。「お前じゃ話にならん。上のヤツ呼んで来い」とかゴネ出すモンスタークレイマーのくせして、「サービス向上に貢献した」とか本気で信じてる類の最底辺です。

そんな父のもとで育ちました。

こんなんなので母が悪口を言うのはしょうがなかったと思います。ですが、毎日毎日、同じ悪口を聞かされます。今だにです。数十年前に幾ら渡したら全部散財しただとか、こんな理由で暴れただとか、〇〇を壊しただとか、あの時姑にこんな事言われたけど助けてくれなかっただとか。

そんな母に対して当時子供だった僕は「可哀そう」と思っていました。

当時の僕の友達の母は、みんな楽しそうでした。(実際にどうだったのかはわかりませんが)夫婦で仲良さそうだったり、習い事をしていたり、パートに出ていたり、ママ友とランチをしたり。

ですが、ウチの母は周囲に友人もおらず、趣味も無く、僕の兄弟が昔遊んでいたゲームボーイでテトリスをするくらいでした。

育ててもらったし、父の暴力の矢面に立って庇ってくれて感謝しています。ですが、来る日も来る日も父に罵倒され、姑にイビられ、悪口を子に言う日々。こんな生活のために結婚し、耐え忍んでいる母が哀れでなりませんでした。

母を責めてもしょうがないのはわかっているし、母も被害者であるというのはわかっています。ですが、「子供のために」「あんたたちが学校でるまでは我慢するから」「子供だけが宝」「あんたたちがいなければ出て行っている」と言いたいことも言わずに我慢している母が重くもあり、悲しくもありました。—以前の記事より

「子供が居なければ離婚できたのかな? 生まれてきてしまって、母には悪いことをしたな。」と申し訳なく思いました。同時に「こんな風にはなりたくない。こんな惨めな思いはしたくない。こんな生活はしたくない」と思いました。

当然、結婚願望は一切ありませんし、こんな自分が結婚できるとも思えません。

子供心にこんな感じのことを考えていたのを覚えています。

悪口を言うと、悪口を聞かされた人が、悪口の対象(ぴよ様のケースで言うと祖母様)に対して悪感情を持つという悪影響を及ぼします。ですが、同時に、僕が子供時代にそうであったように、悪口を言う対象であるぴよ様に対しても悪感情を持たれるかもしれません。

ですので、やはり悪口だけはどうしても止めておいたほうが良いです。

なんてことは、言われなくてもわかってますよね。ぴよ様もこうおっしゃられていますし。

子供が一歳になったばかりでこんな悪口言う母の姿を見せたくないです。

じゃあどうすればいいのか。そこから先を一緒に考えませんか?

僕が提案する対策

上述した「周囲の人間を巻き込む」・「とりあえず(笑)で謝罪(したフリを)する」以外には、やはり対策としては悪口を言わなくて済むようにストレスの発散先を見つけるのが一番だと思います。発散先があればリラックスできますし、「自分には別の居場所がある」という安心感や余裕も持てますし。

出来れば人と交流するのがベストです。

具体的には、習い事やパート等はいかがでしょうか。と、思ったんですが、お子さんが1歳くらいだとパートは少し難しいですね(;´д`)

習い事なら近くにイオンとかあれば託児所も併設されてますし、習い事ができるカルチャーセンターもあるんですけどね……。でも、それも移動がしやすい都心部とか、車がある場合に限りますもんね。郊外だったりすると車無しでは生活できませんし、そもそも施設が無かったりもしますし。

ぴよ様の家の周囲には何かありませんか? 例えば、ジムや市民体育館でもあれば、思いっきり体を動かせてストレス解消にいいですし、健康にもなって一石二鳥なんですけどね。

難しい……。

うーん、交流という面ではアレですが、僕なら資格を取るかもしれません。簿記みたいな実用的な資格であればパートにも日常生活にも生かせるかもですし。

それか僕みたいにブログをやってみるのはいかがでしょうか? 元々は引っ越しや部屋探しに関するアドバイスを友人に求められ始めたブログですが、自営業で寂しかったので人と交流したいという気持ちも少なからずありました。笑

ブログ自体は始めるのは簡単ですし、少しではありますが収入にもなります。同じように育児や家庭のことで悩んでいる方向けに情報を発信し、交流を図るというのもアリだと思います。

欠点としましては、継続の大変さと、始めたばかりだとアクセスが集まらず虚しいことですが。笑

他に、周囲の同じような主婦仲間を募って独自のグループを作るのもアリです。育児相談や相互に助け合うためのグループでも良いですし、全員が素人で一緒に趣味を一から学ぶためのグループでもおkです。

他には……ただストレス発散というだけであれば、カラオケや読書等々趣味に費やすのもいいと思いますが、やはり人間関係の悩みは人と触れ合うことでしか発散できないケースも少なくないと思うんですよね。

一旦、保留で!

いくつか提案しましたが、どれも一長一短でパッとしませんね(;´д`)ぴよ様がどんなことに興味があるのか、趣味や特技等がわかるとより提案しやすくなるかもしれませんが……。

一人だとどうしても鬱屈としてしまいますし、僕、割と暇人なのでこれから一緒に考えましょう!

コメントに書き込んでくだされば随時この記事を更新します。この記事はぴよ様だけにあてた、ぴよ様のための記事なので遠慮なくコメント欄を独占しちゃってください(^^)

決して迷惑とかではありませんし、僕も人と交流したくてブログを始めたようなモノなので遠慮しないでくださいね。

最後に

悪口を言ってはいけない!という考えに固執するあまりストレスを溜めすぎないでくださいね。

そもそもですね、悪口はともかく愚痴くらいならセーフです。誰だって愚痴くらい言いますし。言い過ぎは確かに聞き手にネガティブな疲労感を与えますが、愚痴も許されない社会なんて息が詰まります。

悪口の記事内でも書きましたが、要は悪意が無ければおkなんです。相手を貶めよう・下げてやろうという悪意が無ければただの相談であり、愚痴です。それなら旦那さんや友人に言っても大丈夫です。

そこだけは心に留めつつ、上手い事ストレスを発散させましょう。

また何かありましたら気軽に書き込んでください(^^)

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

トップへ戻る