はじめてのパソコン選びで気をつけること

pc

パソコン初購入のススメ

2016/01/17

内容を微修正しました。

初めてのパソコン選びってものすごく悩みますよね。それで結局は店員さんのオススメに従って国産メーカーの買ったりするんですよね。

そうしたら使わないようなソフトとか機能とかいっぱい入ってたり。笑

僕の失敗談

僕もそうでした。

初めてのパソコンで、周りに詳しい友人もいなかったので店員さんのオススメに従いました。正直パソコンを何に使うのかもよくわからないまま買った高い買いものでした。

10年前くらいのノートパソコンで20万くらいしたかな。それで、何に使うかっていったらメールとか調べ物だけ。笑 自分は昭和世代なんでパソコン関係の教育もクラスで数回受けただけだったし、タッチタイピングなんかもちろんできませんでした。

世間では

「今の時代はパソコンくらい使えないと」

みたいに言われはじめた頃ですかね。フリーメールやミクシー、youtubeなんかが一般にも普及してきたりした頃です。

結局、最初のパソコンは3年くらい使いました。でも、最後まで有効に使いこなせなかったです。笑

ちゃんとパソコンを使いこなせたり、買う前に自分でしっかり選びかたがわかるようになったのは3台目くらいからですかね。

ちなみに、現在のが4台目と5台目です。失敗したり、試行錯誤しながら少しずつわかるようになったきました。随分かかりました。笑

僕の場合は元々コンピュータ関係が苦手で、興味も無かったんですよ。なので、購入前にわからないパソコン用語を調べたり価格を調査するのがとにかく苦痛でした。

パソコンの選び方

まぁともかく今回はパソコンの選び方についてです。ですが、最初に言っておきますと、僕はそこまでスペックやら機能、最新の型に詳しくはありません。笑

僕が教えられることは、あくまでも「宝の持ち腐れ」を起こさないための僕自身の経験則です。いわばパソコンを選ぶ前段階の心構えについてです。

この記事にはパソコンの専門用語やスペックの見方、オススメの機種は書きません。ですが、これからパソコンを購入する方にとって役に立つ情報や考え方を伝授するつもりです。その辺をよーく理解したうえで読んでくださいね。

では、今回のテーマ「パソコンを買うときに考えるべきこと」始めますね。

①用途をハッキリさせる

まずはですね、一番大事なことです。目的です。何をするためにパソコンが必要なのかをはっきりとさせた方がよいでしょう。

  • 大学で調べ物やレポートをする
  • 趣味で動画を観たりネットサーフィンをする
  • オンラインでゲームをしたい
  • 絵を描きたい
  • プログラミングをしたい
  • 動画編集をしたい
  • 曲を作ったりしたい

ハッキリとしましょう。資金に余裕があれば、あれもこれも全てできるハイスペックなものを購入するのもよいかもしれません。

ですが、10年前なんかではいざしらず、現在ではそれはあまりオススメできません。今の時代はですね、パソコンは消耗品です。もちろん知識があれば、旧式になってしまったパソコンからパーツを再利用したり、パソコンをしっかりメンテナンスして長持ちさせることもできます。

が、一般的にパソコンの購入サイクルは短くなりつつあります。技術は日進月歩なのですよ。ムーアの法則ってやつです。興味ある方は是非調べてみてください。提唱されてから50年経った現在、ムーアの法則にも限界が見えてきているそうですが。

ともかく現在の最新機種が5年後にはただ同然になってしまっている、ということも十分にありえます。なので、用途をできるだけ絞った上で程々のパソコンを購入し、3年くらいでまた程々スペックのものに乗り換えるのが良いと思います。

モノは大事にしたいですよね。もったいないですよね。でも、動作が非常に鈍いパソコンを使い続けることは作業効率もよくないですし、なによりストレスになります。

いいですか、目的ですよ。目的をしっかり定めるんです。用途をハッキリさせることで、必要な機能や型がある程度絞り込めるんです。例えば↓みたいな感じです。

大学で調べ物やレポート

ワード、エクセル、パワーポイント等Microsoft officeが必要。持ち運びができるようある程度コンパクトで薄型軽量なものがいい。調べ物をする際にいくつかタブを開いても問題なく動作する程度の性能は必要。エクセルやパワーポイントは画面の幅が大きい方が使いやすいのである程度のスクリーンの大きさは必要。バッテリーの保ち時間も気になる。

趣味で動画を観たりネットサーフィンをする

今店頭に並んでいるものであればどれでも大丈夫だと思います。笑 最新のものじゃなくても全く問題ないです。2世代前くらいのでも余裕です。

家専用で使うのであればデスクトップでもオッケーですね。デスクトップとノートパソコンでは、同じ値段でもデスクトップの方が性能面でも優れていることが多いので持ち運びしなくてよいならデスクトップをオススメします。

最近はみなさんスマホやタブレットも持っていますし、外ではスマホやタブレット、家ではデスクトップと使いわけるのがよいでしょうね。

ちなみに、余談ですがノートパソコンは和製英語で海外では通じません。いや、通じないことはないかもですが、通用する場面を自分は聞いたことはないです。

ノートパソコンはラップトップと呼ばれています。ラップは体の膝から腿あたりの名称です。膝の上にに載せて使うのでラップトップというわけです。デスクトップは机上で使うのでデスクトップなのです。

オンラインでゲームをしたい

オンラインゲームをストレスなくしたいのであれば、ノートパソコンという選択肢は確実にありえません

「ノートパソコンのメリット」と「オンラインゲームに必要な性能」は相反するものです。速い車がほしいのに軽自動車を買うくらいチグハグです。

というか、ノートパソコンの小さい画面でゲームとかやりづらいです。そして、外に持ち運んでオンラインゲームをする、という機会もめったにないですよね。笑 仮にあったとして、そこらの遅い回線ではあてになりません。

オンラインゲームをしたい方は素直にデスクトップや高性能のゲーミングパソコンを買いましょう。ちなみに、オンラインゲームに必要なパソコンの性能は、

  • メモリ
  • CPU
  • ビデオカード

です。ここへんをよーく吟味しましょう。ゲームのオフィシャルサイトを見れば推奨スペックが記載されているのでしっかり調べましょう。

絵を描きたい/プログラミングをしたい

すみません。僕、絵は描いたことないので詳しいことはわかりません。

PhotoshopやIllustrator、Fireworks、GIMPといったソフトをたまに使うくらいです。ですが、どのソフトも結構重いです。やはりそれなりの性能は必要だと思います。

プログラミングに関しては、そこまで高性能なパソコンである必要はないと思います。ですが、開発環境にVisualStudioやEclipseなんかを使うのであればやはりそれなりに性能は高い方が良いでしょう。

あとは「iPhone用アプリ作りたいからMacがいい」とか、「使いたいエディタがWindows用しかない」とかそんな感じのことは好みで決めちゃっていいと思います。

それからですね、絵を描くにしろプログラミングするにしろ画面は大きい方がいいです。絵を描く場合は画面が大きくないと全体を見渡せないです。いちいち拡大やら縮小しないといけません。

プログラミングの場合はわからないことを調べたり、実際に動かしてみたり検証するのに左右や上下で分割したりできますし。とにかく大きい方が作業効率が圧倒的に良いです。

それからもちろんおすすめはデスクトップです。

「俺は外で作業したいんだー」

とか、

「クラスにパソコンを持ち込みしなければないらない」

という理由以外で「絵を描く・プログラミングをする」という目的のためにノートパソコンを選ぶというのはいかんですよ。

やればわかります。絶対効率悪いです。

絵を描くならペンタブとかも持ち運ばなければならないのに重いし、画面は小さいしで大変です。プログラミングも画面やタブの切り替えに四苦八苦です。

しかも、充電という時間制限もあるんです。大変ですよ。

動画編集をしたい・曲を作りたい

最新のパソコンをBTOで買いましょう。笑 BTOとはBuild To Orderです。受注生産のことです。

店頭に並んでいるパソコンは一般の消費者用にできてるんです。多くの人が多くの様々な目的に使う用にです。幅広いニーズに対応するためです。なので、その分余計な機能も多いです。

しかしBTOで購入すればそんなことはありません。あなたの気の赴くままに最高のスペックを追求しましょう。笑

この用途にパソコンを用いる方はとにかく性能が高いモノにこしたことはありません。少なくとも20〜30万くらいは覚悟したほうがいいかもですね。少なくとも、ですよ。Macのフルスペックにすると100万くらいだそうですが。。。笑

こんな感じですかね。随分長くなってしまいました。正直一つ一つまとめるつもりは無かったのですが。笑 自分の過去の失敗なんかが頭に浮かんできて、つい長くなってしまいました。この記事を初めてパソコンを買うことを決めたあの日の自分に読ませてあげたいです。笑

では、「パソコンを買うときに考えるべきこと・その②」にいきます。

②「なぜその機能が必要なのか」ではなく、「必要ではない理由」を考える

例えば、パソコンが欲しいとします。

もちろんできるだけ高性能なモノが欲しいです。

大学で使うとしてワード、エクセル、パワーポイントは必要です。調べ物もするから、ブラウザのウィンドウたくさん開いたりするので、そこそこのスペックは欲しいです。持ち運びたいから軽めのラップトップがいいかな。あとは、もしかしたらオンラインゲームをやるかも。動画もスムーズに見れたらいいな。

こんな感じだとします。だいたい、買い物するときってこんな感じですよね。あれがしたい、これがしたい。じゃあ、この機能いるだろうなって。

しかし、大事なのはここからです。

ワード、エクセル、パワーポイントは大事ですね。わかります。調べ物してたらいろいろ開きながらになってしまうのもわかります。まぁあるあるって感じです。

「持ち運びたいから軽めのラップトップがいいかな。」

ここです! この時点で2つ考えるべきことがあります。

⑴どのくらいの頻度で持ち運ぶのか。

実際にパソコンを外で使用することなんてどのくらいあるでしょうか?

まずですね、混んでいるカフェなんかでパソコンを使うと店員さんや他のお客さんに嫌な顔されますね。それにテーブルが狭い上に周囲もうるさいですよね。

それから自分のポータブルルーターを持っているなら別ですが、公共のネットワークは遅いうえに、危険です。いいこと全くないです。効率悪いです。

防犯:オンラインでの情報の取り扱い
はじめに インターネットって本当に便利ですよね。ネットがあればいつでも友達と話せたり、夜でも銀...

そして、大学で使う場合にはコンセントは争奪戦です。誰もがコンセントの周囲に陣取ります。各席にプラグの差し込み口があれば良いですが、必ずしもそうであるとは限りません。

というか、まず前提としてパソコンを持ち歩くのって結構大変ですよ。

最近は小型化薄型化がますます進んでいるので、比較的軽量にはなりましたが、相変わらず重いし、衝撃にも弱いです。精密機械ですもんね、しょうがないですよね。そんなパソコンを電車や徒歩、自転車で運ぶんですよね。考えただけで恐ろしいですね。

本当に持ち運ぶ必要あります?? どうしても、外じゃなきゃだめですか?? 外じゃなきゃできないですか?

僕は大学の学部が、コンピュータやらプログラミングやらだったので、クラスにパソコン必須だったので持ち運びしていましたがやっぱり大変でした。

180センチの自分が1.3kgのパソコンでさえ「重い」と感じたのです。まぁおっさんだからかもですが。笑

他に教科書やら弁当、飲み物等々も持ち歩かなければいけないわけです。女性はさらに化粧品やらなんやらもあるのでもうダンベル並みになっちゃいます。

もしもですね、

  • 大学にパソコン室がある
  • タブレットで代用できる
  • 家のデスクトップで間に合う

等であれば断然デスクトップをオススメします。

大学のパソコンなら必要なソフトは入っているし、タブレットなら軽いし便利です。授業の内容やレポートの下書きはスマホやらノートに下書きしたり、カメラで撮って、家で書類や文書を作成というのではだめですかね?

初めてのパソコンでノートパソコンに憧れるのわかります。でも、ノートパソコン買うんだったら、同じ値段でデスクトップとタブレットとかにしたほうが便利だと思いますよ。

⑵用途や機能が矛盾していないか

「ワードエクセルパワーポイントを使う」ということと「持ち運びたいからできるだけ軽くてコンパクトなパソコンがいい」という目的は微妙に矛盾してるんです。

実際にやってみればわかるのですが、「持ち運びやすくコンパクト=画面が小さい」とですね、作業効率が非常に悪いです。

調べ物をしながら文章を書くとき、エクセルで表を作るとき、パワーポイントのスライドを作成するとき。どの場合でも、スクリーンが大きいにこしたことはありません

小さくて困ることは多々ありますが、大きくて困ることはありません。大は小を兼ねるのです

最近のパソコンのスクリーンは比較的大きく見やすく作られていますが、Office製品を頻繁に使うなら最低でも15inchはあったほうがいいと思います。

絵を描いたりプログラミングをするようなら絶対です。さもないとタブを行ったり来たりさせないといけなかったりして面倒です。

度々で申し訳ないですが、大事なことなのでもう一度いいますね。

パソコン買ったことない方だと、とりあえずでノートパソコンを購入しがちですが、自分はデスクトップをオススメしたいです。

ノートパソコンを買うお金があれば、そのノートより2つくらい上のグレードのパソコンが買えるからです。そして、多くの方はノートパソコンのメリットである携帯性を有効活用する機会が無いからです。

デスクトップのそこそこのスペックのものなら動画もゲームも割とサクサク動くはずです。幅広い用途に対応できるので、迷ったらデスクトップがいいと思いますよ。

では、パソコンを選ぶときに大事なこと3つめにいきますね。

③Macにするか、Windowsにするか

答えは簡単です。正解は周囲にいる友達で選ぶです。笑

「え、正気?」

って感じですが、正気です。

やっぱり初めてのパソコンって大変だと思うんです。文字の変換の仕方がわからないからネットにつなぐためのパスワードも入力できなかったりしますし。←実体験 笑 そんな時に頼れる友人なんかがいると便利ですよね。というわけです。

最近はMacもWindowsもどっちも触ったことある方は多いのでまぁそこまで気にしないでも大丈夫かもしれませんけどね。

僕の大学がですね、場所的な関係で大学のパソコンがほとんど全てMacでした。でも、それまで一切Macを触ったことなかったので、電源の場所もわからないし、USBを挿す場所もわからないし、苦労しました。笑

今でも詳しいわけではないですが、どっちも使っています。どちらにも良いところ、悪いところはあります。が、自分はWindowsが好きなのでそちらをオススメしています。

一昔前はですね、

  • クリエイティブなことをするならMac
  • Macならウィルスにかからない
  • Windowsでできることは、Macでできる

なんて言われてました。

ですが、最近はそうでもないです。昔はソフトの関係でデザインにはMacがイイとされていましたが、最近はWindowsにもデザイン関係のソフトはたくさんあります。

Macならウィルスにかからないということもありません。以前は確かにそうだったようですが、現在ではその限りではありません。

最後のは確かにその通りです。Macに、ウィンドウズのOSを入れることは可能です。ですが、やはりその分重くなってしまいます。

もちろんMacだけのいいところもありますよ。画面はキレイだし、iPhone用アプリはMacでしか作れないし、appleさんが作り上げたブランドイメージはカッコいいですよね。

というわけで、単に好みの問題だと思います。強いて言えば、あくまで強いて言えば自分はWindowsをオススメしています。

理由としては、やはりWindowsユーザーの数でしょうかね。

例えばですね、何かわからないことがあったとします。調べますね。そこで、参照できる情報の量。これです。ここだけはWindowsに圧倒的な軍配があがります。多くの人が使っているので、多くの情報があります。

言語も一緒ですね。オシャレさや、国際的な場ではフランス語が強いですが、我々は学校で英語を習いますよね。

理由は、英語が最も多くの人々に話され使われているからです。数というのはそれだけで大きな力になります。そして、数が大きいほど、情報も集まります。日本語で探しても見つからないニュースでも、英語であれば見つかることはたくさんあります。得られる情報量がけた違いです。

こういった現象をネットワーク外部性なんて呼んだりします。詳しくはこちらの記事をどうぞ。

2つの選択肢で迷った時には……
どちらを選べばいいんだろう 人間生きてれば選択に迷うことは必ずありますよね。 大学の...

ですが、医術用語はドイツ、ビジネス用語は英語、料理やファッションはフランスといった感じにそれぞれ強みはあります。

「Windowsだとクリエイティブなことはできない」、「Macがあればできる」ということはありません。しょせんただの道具です。大事なのはどう使うかです。

自分の目的に合ったパソコンを選びましょう。

最後に、大事なことをもう一つ。

④サポート

これ大事です。なにかあったときに頼れるサポートがあるかどうか。

よく大学なんかでパソコンオススメしてたりしますよね。で、ちょっとパソコンに詳しい友達なんかが

「高すぎ、ぼったくり」

とか言うんです。笑

でもですね、学校のサポートはバカにできないですよ。大学が推奨しているだけあってサポートはものすごく充実しています。まぁ、それにしても性能に対して値段が高すぎるとは思いますが。笑

まとめ 

以上、4点がパソコンを購入する上で検討すべきことがらです。

パソコンのスペックだったり、機種だったりは自分で調べましょう。笑 最近は移り変わりも激しいですし、用途によって必要な機能なんかも違うので安易にオススメはできないんですよ。

とりあえずですね、

  • 必要な機能を書き出す
  • 価格ドットコムなんかで調べる
  • 友人に尋ねたり、ネットで尋ねる
  • 実際に店頭に行き、触ってみる
  • ネットで買う

みたいな感じですかね。最後、ちょっとお店の人に申し訳ないですが、やっぱりお店で買うとどうしても高いんです。かといって、値下げ交渉するのもめんどくさいです。

だったら、最初からがんばって欲しい。

というわけで、感じよくないかもしれませんが、自分はお店は品物の展示場くらいにしか思ってないです。通販と店頭で5000円以内くらいの値段の差なら店頭で買いますが、それ以上差があるようだとどうしてもネットで買ってしまいます。ネットの方が圧倒的に安いです。

以上です。

おまけ①なんかおごってあげて

最後にお願いです。周囲にいる友達で選ぶべし、と書きました。書きましたが、あまりなんでもかんでも頼らないでください。笑

僕もパソコンをよく使うし、パソコンを使う仕事をしています。いますが、パソコンにもいろいろあるんです。

例えばですね、家を建てるときには設計士さんに、足場を作るとびさん、家を建てる大工さん、ペンキを塗ったりする塗装屋さん。他にも様々な職業があり、多くの人が関わっています。

パソコンも同じです。パソコンで仕事をしているからってパソコンの何でも直せるわけではないんです。なので、直せなかったからって

「使えないなぁ・・・」

とか言わないでください。笑

っていうか、しょっちゅう頼まれます。

「何もしてないのに壊れた、勝手に壊れた。」

って深夜に電話がかかったきたりするんです。

それで調べたら、わからないのに「YES」連打やら怪しいソフトをダウンロードしてたりするんです。

検索バーが画面の3分の1くらいあったり、ウィルス駆除ソフトの期限が切れてて更新のポップアップが出てたり。ブラウザが中国のhao123やらbaiduだったり。笑

で、調べながら直したら

「あー、ありがとありがと助かったわ」

ってその時だけの感謝。こうしたらこうなるからやっちゃだめ!とか説明しても、ちっとも真剣に聴いてくれないし、

「その時はまた呼ぶから頼むよ」

って軽く言うんです。

これで謝礼でももらえればって感じですが、何ももらえないともう気分はどん底です。

あー、あの時間があればこれできたのに……。

って。

ちょっとしたことなのに謝礼を要求してガメツいって思います? でも、やっぱり頼まれごとだからいい加減にはできないんで本気でとりくんでいるし、そのために時間を割いているわけです。

たとえが大げさかもですが、プロの音楽家に

「ちょっと子供の誕生日会あるからタダで一曲だけ弾いてくれない?」

なんて頼めます?

それか

「ちょっと2、3時間でいいからウチの雪かきでもしてくれない?」

とか。少し図々しくないですか?

もちろん相手が自主的に「やってあげるよ」っていう場合は別ですよ。でもですね、その場合でも自分なら多少の謝礼は出しますし、ご飯でもおごるかもしれません。

あなたが頼ろうとしている友人の技能は、友人が努力の結果身につけた知識や経験だと言うことをよーく肝に銘じましょう。

  • 頼む前に自分で調べる
  • 内容を整理して、紙にまとめる
  • 何をしたらこうなったか

これくらいするのは礼儀です。言い訳や自己弁護、

「やっぱりWindows8はだめだな」

なんてモノのせいにしたりはやめましょう。わからなかったら調べるくせをつけましょう。せっかくあなたの前にはとても役にたつ”すごいハコ”があるのですから。

googleit

なんか最後にグチっぽくなってしまってすみません。以上、初めてのパソコン購入についてのまとめでした。

おまけ②ASUS

おすすめの機種はかかないつもりだったのですが、ちょっとだけ書いちゃいます。というか完全に自分の好みなのであんまり盲目的に信じないでくださいね。笑

僕はですね、ASUSが好きです。台湾のメーカーですね。みなさん会社名なんて読むかわかりますかね。笑 これいろんな説があるんです。ですが、「エイスース」に統一されたそうです。笑

ASUS」の読み方を10月1日から「エイスース」に統一すると発表した。「 グローバルでの発音の統一とA+の企業を目指すという思いから」という。 「ASUS」の読み方をめぐっては「アサス」「エイサス」「アスース」など諸説あったが、今後はカタカナ表記や読み方が必要な場合は「エイスース」とする。 これまで正式な読み方とされてきた日本法人の社名「アスース・ジャパン」も、10月1日付けで「ASUS JAPAN」に変更する。

単純にここの製品自体が好きです。ZENBOOKという型のモノがすごくシンプルで、大好きです。実際に使ってます。性能的にも値段的にも申し分なく愛用しています。裏のネジがはずれやすいのと、キーボードが少し安っぽいのはマイナスですが、とても大好きです。

それからですね、もう一つ僕がASUSを好きなのには理由があるんです。2011年に東北で地震が起こりましたよね。そのニュースを受けて、ASUSの現場で働いていた方がマザーボードに「GOD BLESS JAPAN」(日本に祝福あれ)と刻印をしていたそうなんです。

【東日本大震災】台湾ASUS製マザーボードに「GOD BLESS JAPAN」の刻印

こんな場所にさりげなく励ましのメッセージを入れてくれていたということに驚きですよね。なんだかとても嬉しくなりますね。

おまけ③もうMacにしときなよ

今回はおまけ多いですね。笑 最後にですね、どうしてもパソコン選びで悩んじゃう優柔不断な方におすすめしておきます。笑

Macにしなさい

なんだかMacって敷居が高いイメージですが、全然そんなことないです。むしろWindowsと比べて「なんとなく」で操作がしやすいので初心者にこそ使いやすいと思います。ネットやメール、Officeくらいしか使わないのであれば深くは考えずにMacにしてしまってもいいと思います。

それで特に困ることはないと思います。おしゃれですし。

今回随分長くなってしまいました。10000文字です。読んでくれたみなさんお疲れ様でした。笑

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

トップへ戻る