お香はじめませんか?

にゃお

今回はお香について

お香って、最近の若者にはあんまり身近なものではないですよね。一般的には、なんだか年寄り臭いイメージですもんね。

くわえて、核家族化が進んでいる現代においては、仏壇がある家も少なくなってきているるため、テレビやお葬式、お寺以外でお香を見たことがない方も増えてきているかもしれません。

でもですね、お香はイイです。非常に良いモノです。良い「香り」は生活を豊かにしてくれます。実際、様々な素晴らしい効果があるんです。

お香の効果

香りには免疫機能自律神経を活性化させ、体の調子を整えてくれる効果もあるのです。

例えば、フローラルの香りはリラックス効果や、女性特有の症状の緩和や改善への効果が認められていますし、ラベンダーやカモミールなどのハーブには安眠効果があることも知られています。

良い香りを上手に日常生活に取り入れることで、より良い生活を送ることができるのです。

ちょっとした気分転換に用いるのもよし、集中力を高めたり、美容のために使用してみるのも良しです。

もし興味がある方は始めてみたらいかがでしょうか。

  • 「敷居が高い」
  • 「オサレすぎる」
  • 「女の人の趣味」
  • 「年寄りくさい」
  • 「なんか縁起悪そう」

みたいなイメージがあるかもですが、全然そんなことないですし、簡単に始められるので。アロマに代表されるようなアロマテラピーも普及してますし、偏見を捨てて始めてみましょう!

合わなかったらやめてしまえばいいだけです。

2015/07/29

最後の方に特にオススメのお香を載っけておきました(^ ^)

2015/10/31

変わり種のお香を見つけたので一番下に載っけておきました。

2015/11/05

オススメのライター載せておきました。

2016/01/08

ライターの使用感追記しました。

別のおすすめアイテムも載せておきました。

2016/10/08

お勧めのお香屋さんのURL載せておきます

お香にハマったきっかけ

まずは自分のお香にハマるに至った経緯ついて書いていきますね。

まずねですね、僕、寺社仏閣巡りが大好きなんです。

若い頃は色んなお寺を巡っては、仏像を眺めたり、寺や神社の造りを見比べたり、時には泊めてもらったり、座禅をさせてもらったりしたものです。

宗教自体に興味は全くありません。ですが、あの静謐な空気と、1,000年以上前のモノが現代に残っているという事実に圧倒され魅了されました。

そして、そんな流れで「お寺や神社特有のあの匂い」が好きになるのも自然と言えば自然だったわけです。笑

すごく心落ち着くホッとする香りですよね。それがお香を始めるに至った経緯ですかね。

というわけなので、好きなお香はお寺の香りです。部屋を訪れた友人には「おじいちゃんの部屋みたいな匂いがする。」といわれます。笑

お香の種類

さて、そんなお香ですが、実はいろいろな種類があります。

香木に、線香、アロマ、コーン、ろうそくなんかもありますね。いっぱいありますね。笑 ありすぎてどれから試したらいいかよくわからないですよね。

全部それぞれ香りだったり、視覚効果だったり良さがあるんです。ですが、今回の記事では線香をオススメしますね。

なぜか?
まず香木は非常に稀少なモノなのです。よって、高い。笑

アロマは取り扱いや使用法に多少注意が必要なんで少し敷居が高いです。

で、後はコーンとろうそくですね。コーンは売っているお店がそこまで多くないです。なので、今回は除外しました。そこまで限りなく入手難度が高いわけではないですが、線香のものに比べるとやはり入手しづらいですね。

最後にろうそくですが、見た目の模様が美しい贈答用のものが多いため、比較的高価です。

なので、今回は入手しやすく安価な線香について解説していきますね。(もちろん高いモノは高いですが……。笑)

下の画像は左上から香木、線香、アロマ、コーン、ろうそくです。
最後のは日本書紀。笑 なぜ日本書紀が出てきたかというと、線香の具体的な話の前に、ざっとでありますがお香の歴史について語るからです。笑

incense

お香の歴史

ざっくりといきますよー。

実は意外と長いお香の歴史。なんと……あの日本書紀にも登場するんです。

推古天皇(聖徳太子の時代の天皇様です)の時代、西暦600年代辺り……どっかから淡路島にやたらイイ匂いのする木片が流れ着きました。笑

近隣住民が

なんかいい匂いのする木がある!

って発見したそうです。そしてその「なんかいい匂いのする木」は朝廷に献上され喜ばれたそうです。

これが香木です。

難しい説明をすると、木にバクテリアが作用した結果樹脂化したものだそうですが、まぁそんなのどうでもいいですよね。なんかイイ匂いがするんです。笑

で、その香木ですが、元々はインド原産なんです。ベトナムとか東南アジアでも採れるんですけどね。で、そのインドが源流で、それが中国に渡って、後に日本に入ってくるわけです。

香りで荘厳さや神秘的な側面を演出するためか、しばしば宗教的な儀式に用いられていたそうです。そのためか日本に伝わってきたときにも、やはり仏教とセットで伝来しました。

香木がなんなのかイメージが湧かないみなさんも必ず見覚えがあるはずです。日本史の教科書の、貿易物リストなんかには写真付きで必ず載っていますからね。笑

そんな香木ですが、後に宗教とは切り離されました。そして、純粋に香りを楽しむものとして貴族に受け入れられ、室町時代には「香道」として作法が確立され、現在のように体系化されました。

ものすごく奥が深いんです。

ですが、今回は難しい作法やマナーは置いておいて、まず簡単に楽しむにはどうすればよいか、と簡単に始めるために必要なモノについて説明しますね。

線香をはじめてみよう

ではお待ちかね線香についてです。

線香の利点は、やはりなんといってもその手軽さです。思い立ったらすぐ始められます。線香は日本にいる限り、割とどこでも手に入ります。素晴らしいです。

そして、

  • 線香
  • お香立て

があればいつでもどこでも始められます。簡単ですね。

線香の選び方

線香の香りを選ぶときは、お香の専門店に行って、店員さんにお勧めを尋ねながら見つけるのがよいと思います。慎重に吟味して、少し高めのを買うんです。

なぜ高価なモノがいいか?
せっかく高いの買ったのに続かないともったいないので、意地でも続けるようになるからです。そして、そのうち習慣になって、気付いたらハマってるんです。それで、気分ごとに香りを替えたりしたくなるんです。笑

それにですね、高いと言っても実はそうでもないんです。
自分が普段買っているものは100本で5,000円くらいですかね。最初は正直

「高いなぁ……。」

「消耗品にこの値段はあり得ない……。」

なんて思いました。

でもですね、よく考えてみましょう。
5,000/100=50です。一本あたり50円です。そして、一日一本の使用で3ヵ月ちょっと保つわけです。
趣味に費やす費用としては、非常に安価だとは思いませんか? 飲みに行ったら一度で2,3000円は平気で飛んでいきますよね。

ですが、線香なら3ヵ月楽しめる! 一日50円で! お得!

笑 なんか怪しい詐欺みたいですね。
でも、まぁお試しして高いの買って、帰って試してみたら「あれ、なんか違うかも……。」みたいなこともあるかもしれません。なので、自分の好きな香りが把握できるまでは慎重でもいいかもしれませんね。

ちなみに、もちろん高価なモノは安価なモノより、香り高く、深みがあります。好きな香りを追求してたら、気付いたら高いモノになってたりするんです。笑

近くにお香屋さんが無い場合

お香の専門店ってなかなか無いですし、ネットだとお試しができないですもんね。困っちゃいますね。

なので、そういう方はVILLAGE VAMGUARDやLOFTなんかで安価なモノから始めるのがよいでしょう。

インドっぽい少し香りがきつめのエキゾチックなモノや、和風の「りらく」シリーズなんかが置いてあります。自分の好きな系統を知るための入門用には良いのではないでしょうか。

ちなみに、蚊取り線香も線香の一種ですよ。自分は苦手ですが、好きな人はあの香りがたまらないそうですね。笑

コンビニや薬局なんかにもおいてあります。が、仏壇に供える用だったり、少し匂いがきつめのモノが多いです。

もちろんAmazonにもおいてあります。

incense3 incense2

香炉どうしよう……

それから香炉やお香立ても必要ですね。こちらも上記の店(ロフトやVillage Vanguard)で購入できます。他にも観光地のおみやげ屋さんや雑貨店でもよく見かけます。

僕も趣味で色んなお香立てを集めてました。旅に出かけては猫の置物や香炉ばかり買ってきていました。笑 ですが、最近は、お香立てはあんまり気にしないですね。

今僕が使ってるのは無印で売っている瓶に灰を詰めたものです。笑

こんなの↓

bottle
一日中、お香を焚いているので普通のお香立てだと手入れが面倒なので気がついたらこんな風になっていました。笑

2016/01/13

現在は雑貨屋さんで買った深さ15㎝ほどの缶を使用しています。上でおすすめした無印のビンだとツルツルのガラスのためか、お香の立ちがあまりよくなかったので缶タイプのモノにしました。

クッキーの缶でもお茶っ葉の缶でもイイと思います。
でも、ホンと何でもいいと思いますよ。少し大きめで深さが10センチくらいあるお皿でも大丈夫です。つまようじより少しお大きいくらいの穴があったり、砂や灰に立てて倒れなければ、それはもう香炉と呼んでも過言ではありません。笑

お香立てに凝るのも楽しみの一つではあるのですが、主役はやはり香りなので。

あとですね、お香立て使うと線香の一番下まで燃えずに少し残ってしまうんです。2~3ミリくらい。貧乏性な自分はもったいない気がするんで、最後まで燃やしたいんです。笑

なので、瓶に灰を敷き詰めているわけです。灰があるとキレイに最後まで燃えてくれるので。灰は100均とか花屋さんで売ってますよ。

火の取り扱い

それから火ですが、チャッカマンが一番ヤケドしにくくていいと思います。マッチが一番風流で好きですけどね。

あとは、火事にだけは十分に気をつけてください。
お香を焚いている時は、

  • その場を離れない
  • 消火器具を常備する
  • 燃えやすいモノを側に置かない

等、細心の注意を払いましょう。
それと、家に火災報知器がある方は一度にたくさん焚くと煙で警報が反応してしまうので注意しましょう。

最後に

自分の好きな香りを焚いて、リラックスしながら優雅な読書&ティータイムなんかしてると、なんだかものすごく贅沢な気分になります。笑

皆さんも是非お香試してみてください。好きな香りが見つかるといいですね!

ちなみに、自分は沈香、白檀、ラベンダーが好きです。あとヒノキも好きだなぁ。試験管にお気に入りのものを入れてコルクで栓をして持ち歩いています。

たまにスーハーしてます。でも、車で焚くと危険ドラッグの疑いを掛けられるので注意しましょう。笑

本当はお香の種類とか、アロマとか、各々の利点や不便な点なんかも書きたかったのですが、今回随分と長くなってしまったので、そのうちまた書くことにします!

・・・たぶん(-_-;)

では。

2015/07/29

最近特にオススメのモノを紹介しておきますね。

みのり苑 風韻 伽羅 沈香 白檀 3種お試し  送料無料

これが一番好きです。癖になります。少しお高いですが。おじいちゃんの部屋臭とかお寺臭がすると友人に言われます。笑

特に好きなのは「沈香」です。上記のモノは三点セットで香りが楽しめるのでオススメです。これはたまにしか使わないとっておきです。笑

普段使いには

「うつくしの香」を使っています。Amazonでは売ってないみたいですね。自分は浅草の浅草寺の仲見世にある専門店で購入しました。

うつくしの香

それからこちらも日常的に使っています。

松栄堂 京線香 京にしきバラ

若い頃に、アメリカのサンフランシスコのジャパンタウンで購入しました。笑 ジャパンタウンの中にものすごく品揃えのいいお店があるんですよ。

こちら割とクセがなくて優しい香りなのでオススメです。ちなみに今持ってるので五代目くらいです。笑

それからこちらもいいモノです。値段の割に本数も多くコスパいいです。安いので初心者におすすめです。

高野山のお線香 特選白檀高野霊香 5寸13cm 大箱

最後に「かゆらぎ」です。レビューを見ても分かる通りとても人気です。入手もしやすいですし、このシリーズは種類が豊富なのでオススメです。

かゆらぎ 白檀40本入 香立付

僕はやはり白檀・沈香が好きです。

あとは気分によってもらいものだったり、ラベンダーだったりを使い分けてます。

お香いいですよね。みなさんも素敵なお香ライフをお過ごし下さい( ´ ▽ ` )ノ

変わり種のお香

こないだイオンモールに行ったときにですね、たまたま変わったお香を見つけました。調べてみたらどうやらアマゾンでも買えるそうなのでリンクを貼っておきますね。

ボンタンアメ ミニ寸線香 23000007 ミルキーの香りのミニ寸線香 いちごみるく ミニ寸線香 約50g

甘い香りはあまり好きではないので買ってはいないです。火をつけてみたら匂いは変わるのかもしれませんが、嗅いでみた感想としてはですね、お菓子のまんまでした。笑

ものすっごく甘々なので好みが分かれるところだと思いますが、とても懐かしく感じました。

ちなみに、置いてあるお店の名前は「我楽屋おかめ」です。

気になる方は是非お試しください。

お勧めのお香屋さん

京都を訪れた際に清水寺のそばでとても素敵で多種多様なお香を取り扱っているお店を見つけたので紹介しておきます。(ネット販売でも有名なお店なので、今まで知らずにここから買ってました。笑)

興味がある方はぜひ調べてみてください。

また観光で京都に行かれる予定の方はぜひ訪ねてみてください(^^) これからの時期だと紅葉が綺麗でよさそうですね。

香りの専門店 二井三

香老舗 松榮堂

こちらのお店は

  • 京都に4店舗(嵐山香郷店・京都駅店・三寧坂店・京都本店)
  • 大阪に1店舗(大阪本町店)
  • 東京に3店舗(青山・人形町・銀座)
  • 北海道に1店舗(札幌)

と展開しているようです。

お香は、実際に試してみるのが一番だと思います。近場の方はどうぞ。とてもセンスの良い香炉や、におい袋なんかもおいてあります。お土産にも最適です(*’▽’)

……ちなみに、お店を紹介しても僕には1銭たりとも入らないのでステマではないですよw

オススメライター

個人的にはお香はマッチで点けたいんです。なぜかと聞かれると困っちゃいますが、なんかその方が風情があってカッコいいので。笑

ですが、マッチが苦手な方もいますもんね。あと燃え残りの処理も大量にあると面倒です。

そこでですね、チャッカマンをずっと使ってたんです。チャッカマンなら火をつける際に危なくもないですし、簡単です。

でも、もっと良いものを見つけました。というか、友人からもらいました。笑

Lightec(ライテック) Jii ジー 炎レス USB バッテリーライター ブラック LT-BLD-005BK

電熱線を使用しているので火が出ないのです。火ってやっぱり怖いじゃないですか。なので、火が出ないって安心でいいですよね。

メリットとしては、USBで繰り返し使えること、風の影響を受けないこと、火を使わないことです。

デメリットは、ライターとしては高い点でしょうか。(といっても500円から1000円程度ですし、繰り返し使えるのでトータルで見ると経済的だと思います)

あとは、火力が弱いというか、まぁ電熱線なので一瞬で火がつくという感じではないです。ですが、個人的にはそこまで気になるほどではないと思いました。

100円ライターで1秒で火がつくのが、このライターでは3秒だったとかそんなレベルです。笑

それからですね、Amazonのレビューなんかでは耐久性の面での不満のレビューがいくつかついています。

僕もまだ使い始めなのでなんとも言えませんが、また詳しくレビューしますね。

2016/01/08

感想です。便利っちゃ便利です。ですが、中にゴミが溜まりやすいのが少し嫌です。ですが、今の所全く壊れることなく問題なく使用できています。

2016/01/13

出品者からしか購入できなくなっていますね。……しかも高い……(´Д` ) 便利っちゃあ便利ですが、別に1000円ちょい出してまで買うモノでもない気がします。

マッチやチャッカマンでイイと思いますよ。

でも、チャッカマンって意外とガスが切れるの早いんですよね。僕が使った感じだとこのタイプのモノが一番長持ちだった気がします。立てかけられるので省スペースですし。

高齢者向け簡単 ライター 【優火スリム】 3本セット(ブラック・シルバー・レッド)ガス注入式

コンビニにも売ってますよ。

エチケットカッター

コレって僕だけですかね。お香を頻繁に炊くようになってから鼻毛の伸びが早い気がするんです。なんか下世話な話ですみません。笑

ですが、やっぱり早い気がするんです。まぁ自分の場合部屋が常にモクモクしているので、やっぱり原因がこれくらいしか思いつかなくて。笑

というわけで、こちらのアイテムをおすすめです。

パナソニック エチケットカッター 黒 ER-GN10-K

今までは鼻毛カッターで処理してたのです。小さいハサミみたいなヤツです。

でも、僕手先がものすごく不器用なんです。なので、毎回皮膚を切ってしまって出血したりしてました。笑

そこで適当に売れてそうな電動のヤツをAmazonで買ったんです。そしたらコレがもうすごく便利で。あと、ちょっと楽しい。笑

お香のおすすめの記事で鼻毛カッターって……って感じですが、本当に便利なので是非ぜひご一考ください。耳毛や眉毛、ヒゲのお手入れにも使用できるそうです。単三電池が一つ必要ですよ。

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

『お香はじめませんか?』へのコメント

  1. 名前:こう 投稿日:2016/01/18(月) 14:33:41 ID:e2e0e3f6e 返信

    点火には個人的にはクリッパーライター(ドンキやタバコ屋さん等で150円位で売ってます)というスペイン製の使い捨てライターが使い勝手よくて愛用してます。ガス補充可、火打ち石交換可なので大事に使えば数年持ちますし、下向きにするとやや火力が強くなる設計なのでコーンなどに点火する際にも便利です。

    • 名前:多白髪おじさん 投稿日:2016/01/19(火) 01:40:23 ID:fd29971c4 返信

      クリッパーライター(´Д` )
      初めて耳にしました。安いし、手入れもしやすそうですし、形も丸っこくてなんあだかイイですね。ちょっと探してきます。

      教えてくださってありがとうございます(^o^)

トップへ戻る