地域ごとのデータは意外とあてにならない

safety

立地地域よりも大事なこと

物件を探していると、

  • 「~(地名)だったら安全」
  • 「~はよくない」

等、よく聞きますが、あまり鵜呑みにしすぎないようにしましょう。たとえ治安の良い地域でも、空き巣被害が多い場所や、騒がしい場所もあります。もちろん逆も然りです。

大事なことは、エリアではなく「物件それ自体の良し悪しです。

とはいっても、やはり目安としてエリアごとのイメージをつかんでおくことは決して無駄ではありません。イメージだけで決めずに、実際に見に行って慎重に判断するのがよいでしょう。

 

というわけで、最終的には実際に見に行って決めるべきですが、その前にある程度そのエリアに関しての情報が得られるであろうリンクを貼っておきますね。

ここに住もうかな、と考えているエリアについての事前情報を得るのに使用してください。

 icon-eye 最低限、大まかな犯罪率や災害マップ等は事前にチェックすべきかと思います!

 

国土交通省ハザードマップ

         

家の周囲の災害に関する危険度がわかります。避難地域の確認や危機管理意識の向上に役立ちます。

キャプチャ

こちらは少し古いものですが、

         

犯罪率ランキング

このサイトには、ほかにも大卒初任給都道府県ランキングや、ごみのリサイクル率、平均寿命等々の様々な項目がランク付けされているので、チェックしてみるのも面白いでしょう。

crimerate

ranking

また、こちらからは

         

警察庁の犯罪統計資料

ダウンロードできます。普段あまり目にすることもないですが、せっかく税金を費やして作ってくださっているので、ここぞとばかりに使い倒しましょう。

データは一年前のものが最新の情報となっています。

それからこちら便利です。

         

警視庁犯罪情報マップ&リアルタイム事故発生マップ

2017/02/02

元HPのURLが変更されてしまい見れなかったので更新しておきました。

警視庁犯罪情報マップリアルタイム事故発生マップ

 

 まとめ

何度も言うようですが、必ず現地を見学に行きましょう! 

災害マップと関連してこちらの記事もどうぞ。

近所に寺社仏閣がある物件の良し悪し
家探しと立地の切っても切れない関係 家を探すときに気になるのは、やはり立地条件ですよね。災害...

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

トップへ戻る