耳掃除よりもっと気持ちイイことしたくないですか?

どうしても知ってほしい!

以前ですね、ニオイ対策についての記事を書きました。

お手軽な口臭体臭ニオイ対策まとめました( ^ω^ )
ヒ〇トテック体臭事件 去年ですね、こんなこんな記事を書きました。 それで...

この中でフロスについてご紹介したのですが、正直ですね、足りません。圧倒的に語り足りてなかったんです(´д`)

というわけで、今度はそのフロスについてだけの記事を書いちゃいました。どうしても知ってほしいんです。こんなに優れた商品があるという事実を!

まずはおさらい

まずはフロスについて前回の記事を引用しながら説明をしますね。……手抜きじゃないですよ! 本当ですよ!笑

フロス

フロスとはなんぞや?

歯間ブラシのことです。ピーラーの様な形のモノや、糸状のモノなどたくさんあります。

何でフロスを使うの?

通常の歯ブラシだけでは汚れや食べかすは除去できないからです。

リステリンの公式ページの見解によると、歯ブラシだけで除去できる汚れは、口内の表面積の25%程度に過ぎないようです。他にもググってみると「歯ブラシだけでは50%程度の汚れしか取れない!」という歯医者さんの意見も多いです。

ですが、フロスを使えばそれら汚れのの大部分を除去できます

そんなに便利なのに聞いたこと無いんだけど?

日本人の歯に対する意識は先進国の中でもかなり低いです。まぁ別になんでもかんでも海外の真似をすればいいってわけではないとは思います。思いますが、個人的には、良い点は積極的に取り入れるべきだと思います。

では、海外勢の優れている点は何か?

ずばり予防歯科の認知度だと思います。

日本には歯医者さんが多いです。コンビニより多いくらいです。歯医者さんがひしめき合って鎬を削っているんです。

にもかかわらず、予防に力を入れている歯医者さんはあまり多くないです。

まぁそれも納得ですよね。だって、みんなが虫歯予防して、患者さんが来なくなったら潰れちゃいますもんね(‘Д’)

つまり意地悪な言い方になってしまいますが、歯医者さんとしては予防してほしくないんです。笑 陰謀論染みた暴論ですが、僕は勝手にそんな風に妄想しています。笑

実際、薬局やスーパーのお消費売り場を眺めてみても、フロス関係の製品は少ないです。数種類しか置いてないです。テレビでの広告もあまりやってません。たまーに見かけますが。

そこで声を大にして言いたい!

「もっとフロス使おうぜ」

と。

先進諸外国では予防歯科は常識中の常識です。(保険が高くて、歯科治療に手術並みの費用がかかるという背景もありますが)予防は常識です。

Prevention is better than cure.

(予防は治療に勝る)

なんてことわざもあるくらいです。

というわけで、ちょっと騙されたと思って使ってみてください。フロスは歯周病予防に最適ですし、使うとイイことづくめなんです。

フロスを使うメリット

フロスを使うメリットは3つあります。

単純に気持ちイイ

とにかく気持ちイイです。例えば、耳掃除をしていて沢山汚れが取れた時を想像してみてください。絶大な達成感と満足感ですよね。

フロスも同じなんです。普通の食べかすもごっそり取れますが、特に葉物や肉類を食べたときとかヤバいです。サイドの歯の辺りからごっそり取れます。

それも毎日です。

僕、毎日歯磨き朝夜15分~20分くらいします。それだけ丁寧にしても取り切れない汚れがごっそり取れるんです。これほど気持ちイイものは無いです。この気持ちよさを知ってしまったら、フロスを使わずには気になって眠れません。笑

汚れが落ちる

上述の通りですが、15分程度のお歯磨きで除去できない汚れも綺麗サッパリ取れます。どんなにキレイに磨いたつもりでも取れます。

フロスでしか取れない汚れがあるんです。

口臭が減る

考えてみれば当然ですよね。いくら歯を磨いたとはいえ除去しきれない汚れが各歯の隙間に詰まっているんです。そして、年月が経つにつれ、それらは噛みしめられ、より硬く、クサくなっていきます。

こうなるともう歯医者さんにいかないと取れなくなってしまいます。

ですが、日々フロスを使っていればそうなる前に早い段階で除去できます。それにより口臭が激減します。圧倒的に激減します。

下品な話になりますが、フロスを使って取れた汚れのニオイを嗅いでみればわかります。ニオイのキツいモノや肉料理を食べた時の食べかすはクッサいです( ;∀;)笑 そんなものが口の中にずっとあり続けるんです。そりゃ口臭もします。

これ他人事じゃないですよ! 誰の口でも同じです。歯ブラシだけじゃ取れないんです。

どのフロスがオススメなの?

結論から言うと、糸ようじタイプです。ピーラータイプはダメです。

【理由】(以前の記事からの抜粋です)

フロスには2種類あるんです。ピーラーの様な形のものと、糸タイプのものです。結論から言うとピーラータイプのものは論外です。全然ダメです。

なぜか?

家の掃除をするときに一つの雑巾を、一度も濯がずに、家中全てを掃除したりします? しないですよね。そんなことをしようものなら、汚れを撒き散らしている様なものですもんね。

だからピーラータイプはダメなんです。せっかく汚れが取れてもまたその汚れた部分を他の部分でも使うんです。これじゃあダメですね。

もし歯1本につき1つ使うのであればアリですが、それでは経済的ではありません。

というわけです。

完全に糸ようじ一択です。

具体的にどれがいいの?

fluorfloss(フロアフロス) Made in Italy  

公式サイト

flourfloss

完全にこれしかありません。色々使いましたが圧倒的です。

丈夫さ・値段・汚れの取れ加減・使いやすさ

全てにおいて圧倒的です。他製品の追随を許しません。個人的には日本製品を押したかったのですが、こればっかりは無理です。薬局に置いてあるものは全て使いましたが、上記のフロアフロス以上のモノはありません。

どこで買えるの?

公式サイトから買う場合→ココをクリック

値段表(公式サイトより)

250m:1個 ¥2,300(税別) 販売数1個~

45m:1個 ¥600(税別) 販売数2個~

5m:1個 ¥180(税別) 販売数7個~

Amazonで買う場合

オーラルケア フッ素付きフロス フロアフロス 45m オーラルケア フッ素付き フロス フロア フロス 250m

Amazonの方が少し高いですが、よくAmazonで買い物をする方なら住所登録の手間が省けてラクチンかもですね。それと、公式サイトからだと代引きのみだそうです。

他にも、歯医者さんの受付に置いてあったりもします。ヘアワックスのような入れ物でオシャレです。

ちなみに、45メートルのモノで1か月は保ちます。僕、手先が絶望的に不器用で一回にかなり長めに使います。笑 その僕でも45メートルで1か月保つので普通の方なら45メートルで2か月くらいはイケると思います。

使い方について

慣れるまでは大変ですが、使ってれば2,3日で慣れます。公式サイトに詳細な説明があるので参考にしてください。

使い方ページ

ハウトゥー キャプチャ2

使っていて最初は多少血が出るかもしれません。ですが、数日もすれば出なくなります。歯医者さんで働いている友人に聞いてみましたが、最初はみんな出血するそうなので問題無いそうです。

ですが、毎日使用して2週間経っても出るようなら使用を控えるか、専門家に相談した方が良いとのことです。

まとめ

以上、僕のオススメする最強フロスについての記事でした。

この製品に関してはもう性能が圧倒的すぎて、類似品がありません(‘Д’) 独走状態です。なんですが、その割に知名度が低いんです。

それはちょっと悲しいです。こんなに素晴らしい製品が作られているんです。もっともっと広まってほしいです。そして、あわよくば値下げしてほしいです、オナシャス(・`д・´)

何度も言いますがまずは使ってみてください。使えばわかります。圧倒的です。450円で1か月~2か月間です。たったそのくらいの値段と毎日の数分で虫歯予防と口臭予防ができて、なおかつ効果は絶大です。

薦めすぎて自分でも気持ち悪いなぁ、とは思うんです。ですが、この気持ちよさと中毒性を分かち合いたいんです(*´Д`)ハァハァ

笑 以上です。では、また次回の記事でお会いしましょう。

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

トップへ戻る