物件は夜にも見に行こう!

猫

場所によっては昼夜で環境がまったく異なる場合があります

このサイトで「物件は確実に下見をすべし!」と何度も筆を酸っぱくして促しているわけですが、実は下見にも注意点があるのです。

そうです、時間帯と曜日です。

例えばですね、学校近くの物件を土日に見学に行っても騒々しさは実感できないわけです。だって、学校は土日やってないですもんね。
それで、「閑静な住宅街だった! よし君に決めた!」なんて安易に決めてしまうと後できっと後悔することでしょう。

他の例えも出していきましょう。とりあえず思いついたもの全部書いていきますね。

通学路

朝6時~8時くらいに朝練や通学の生徒でにぎわう学校の通学路沿い
コレは朝見に行かないとどのくらい賑やかなのか、どのくらい駅が混雑するのかわかりませんよね。
通学路によっては車が侵入禁止の時間帯もあるので車によく乗る方はそこらへんも注意してみましょう。

それからですね、最近だと交通マナーの問題もあるので通学路そばは要チェックです。
誘導員のボランティアや父兄の方が多い地域だと比較的マナーは良好なのですが、それ以外だと自転車のマナーがひどく無法地帯の場所もあります。

近くにある建物や施設

夜になると柄の悪い人がたむろするようなコンビニやドン○ホーテ、公園

コレもチェックしといたほうがいいです。あるんですよ、治安がイイ地域なのに夜になると妙に派手な車が集まってきたりする地域とか。
どうしても夜に行けない場合は、

  • 菓子折りをもって、目星を付けたエリアの住人の方に尋ねてまわる
  • 買物をしたついでを装ってカフェや居酒屋、スーパー、商店街の店員さんに尋ねる
  • ネットで調べる

等するのもアリかもしれません。
上にあるものほど難易度高いですね。笑 でも、やっぱり住んでいる人に訊くのが一番なんですよ。
不動産屋さんは正直あんまり信用できないです。笑 だって営業時間に物件巡回するくらいだし。営業時間外の物件の周囲の状況ならやはりその近隣の住人に訊くのが一番だと思います。

それと、他のページに書きましたがアパートに停まっている車のチェックなんかもした方がいいですね。
こちらの2つも併せて読むと役立つかもです。

家探しの際は近隣の駐車場もチェックすべし!
部屋探し進んでますか? ここまで読み進めてきてくれた方なら随分と部屋探しのコツがつかめてきたと思い...
家探し:ダメな物件のサインを見逃すな!
見落としがちなポイント 「家探し」や「物件の内覧」というと、ついつい家の内装や設備、立地条件と...

また、チェックすべきは怖い方々がたむろする場所だけではない、ということも覚えておきましょう。

  • 昼間の幼稚園保育園
  • 工場周辺の騒音、渋滞、におい
  • 周囲に田畑がある場合の夏の夜カエルと昆虫の大合唱
  • 近くに猫の集会所がある物件
  • 時間帯で交通量が大幅に異なる道路
  • 時間帯によって異常に強い風が吹く海沿いの物件

などにも注意しましょう。

詳しくは周囲に家のそばにあると困るものまとめにも書きますのでそちらも読んでみてください。

家のそばにあると困るものまとめ
はじめに 新生活はわくわくでいっぱいです。 しかし、周囲の住環境によっては、わくわくが木端微...

対策

→できるだけ朝夕どちらも物件を見に行って、周囲の状況を確認しましょう。
どうしても行けない場合でもネットなどで周囲の状況を綿密にチェックしましょう。

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

トップへ戻る