なぜ角部屋が好かれるのかを調べてみました(`_´)ゞ

corner

今回はみんな大好き「角部屋」について

なんででしょうかね、防衛本能ですかね。レストランしかり、電車しかり、オセロしかり、人は何故か「」に憧れるものですよね。笑

角が取れると嬉しいし、安心する。他にいくらでもスペースはあってもやはり角がイイ。不思議ですね。やはり古代の外敵から身を守りながら暮らしたときの習性の名残やらなんやらなんですかね。

部屋探しでも同じです。みなさん角部屋が大好きで人気ですし、よくおすすめもされる角部屋。人気があるため賃料も高い。

しかし、果たして本当に住みよいものなのでしょうか? 今回はそこらへんを調べた結果と、住んだ経験も基に考察していきたいと思います。まずメリットとデメリットを挙げてみましょう。

メリット

部屋が端っこなため、窓が2面あり、採光性が高い

部屋が明るく、解放感いっぱいです。日の光は毎日浴びたいものです。そういえば、余談ですが、魚等に含まれる「ビタミンD」は、実は日光を浴びた際の紫外線からも摂取できるそうです。ビタミンDは免疫力の向上やガン予防に大きな効果を発揮するそうです。夜型の方や、日焼けが嫌いな方もいるでしょうが、晴れた日で10分~20分程度は毎日、日光に当たるようにしましょう

通気性が良い

上記と同じ理由ですが、窓が多いため、通気性が他の部屋に比べ優れています。

生活音

ほかの部屋に比べ、隣人による生活音が少ない。そうですよね、他の部屋との接地面が少ないですもんね。コレ大事ですよね。うるさい人は本当にうるさいですからねぇ。管理会社に言っても直らない人もいますし……。

廊下

角部屋なため、「自分」と「自分に用がある者」以外は自分の部屋の前を通ることがない。自分は正直、あんまり気にしませんが、部屋の前を誰かが通る音が落ち着かない人も少なくないみたいですね。

廊下のスペース

角部屋の住人は、部屋の前に自転車や私物を置くことが多いです。自分以外誰も通らないからなのでしょうか? ちなみに、他の項にて触れましたが、正直自分はおすすめしません。

廊下に私物を置くことは他の住人の迷惑になります。

誰も通らないからいい? それでも、非常口を塞いでしまったり、盗難にあったりするかもしれないので、やはりやめたほうがいいと思います。また、置くときは必ず大家さんに許可を取りましょう。

デメリット

夏暑く、冬寒い

角部屋は外気に接する面積が広いため、夏暑く冬寒いです。隣人の煩わしさから解放される反面、デメリットも少なからずあるわけですね。

寒い

冷暖房費

上記の理由に付随して、部屋の気温を快適に保つために冷暖房費が余計にかかります。逆に、真ん中の部屋なら周囲の人たちのおかげで快適な生活が送れます。笑

窓が邪魔

通気性や遮光性と引き換えに、部屋の家具配置の自由度が下がります。そうです、窓が邪魔なんです。窓があるので背の高い家具は置けないんですね。あちらを立てるとこちらが立たず。結露するかもしれないし、防犯も倍対策しなければならないし、意外と不便が多いです。

それから隣に同じようにアパートやマンションのような背の高い建物があるようだと窓を開けると部屋の中が丸見えで開けられなかったりもします。そこらへんもしっかり確認しましょう。

家賃が高い

意外とデメリットもあるのに、なぜか家賃も高いんですね。まぁ需要があるのでしょうがないですが。

まとめ

どうでしたでしょうか角部屋のメリット、デメリット。解放感を取るか、住みよさを重視するか難しいところですね。

自分だったら真ん中の部屋かなぁ。電車でもレストランでも必ず真ん中に座るし。笑 ともかく皆さんは自分のライフスタイルにあった部屋選びをしましょう!

角部屋は……

周囲の騒音が他の部屋に比べ少なく、窓が2つあるので明るくて換気しやすい。一方で、外気との接地面が大きいため寒い暑い。そして窓が邪魔で家具が置きにくい。防犯対策も必要。

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

トップへ戻る