「徒歩○分」の真実に迫る!

walikng

物件探しをする際に目にする「徒歩○分」

「駅からの近さ」や「大学からの近さ」、「会社までの距離」に「最寄りのスーパーまでの距離」。
人によっては、物件を探す際に最も重要視するとっても大事な指標ですよね。

でも、こんなに大事で、気にする人が多い一方で「徒歩○分」の表示の仕組みを知っている方は意外に少ないように思います。

コレどういう風に計っているか、みなさんご存じでしょうか?? ちゃんと歩いて計っていると思います??
それとも、適当に「大体このくらい!」なんて感じで決められていると思います??

実はどちらでもないのです。

そうです、実は明確な基準が定められているのです。適当なんかじゃないんですよ! では、今回はその定められた基準とやらについて説明していきましょう!

ルールその① 徒歩1分=80メートル

です。

ヒール

元々の出典とは見つかりませんでしたが、どうやらハイヒールを履いた一般的な女性が歩く速度が基準になっているようです。つまりですね、徒歩5分なら400メートル、1時間なら4.8キロメートルとなるわけですね。徒歩1時間の物件なんてないですが……。笑

そうです、「徒歩○分」は実は”距離”の単位だったわけですね! 光の速さで1年分の距離の”光年”みたいなモノですね!笑

*ちなみにですが、端数は切り上げです。距離が85メートルだったとします。その場合は、徒歩2分になるわけです。

*もうひとつ補足です。車の場合は車1分=400メートルで換算されるそうです。

ルールその② 入口ではなく、敷地端っこまでの最短距離が計測対象

ちょっとわかりにくかったですかね。

要するにですね、例えばウチからイオンモールに行くとしますね。その場合、「徒歩○分」に含まれるのはイオンの端っこの駐車場の入口辺りまでになるわけです。その駐車場の端っこから、実際の入口まで歩いて10分かかるかもしれないです。でも、その10分は徒歩○分には含まれないのです。あくまで敷地の端っこまで!が、計測対象なわけです。

ここら辺気を付けてくださいね! 特に大学なんかや、大型の駅なんかの周辺の方は要注意!「敷地端っこまではすぐでも、入口まで遠い」なんてケースも少なからずありますよ。

ルールその③ 踏切や、信号、横断歩道等々の待ち時間は含まない

「徒歩○分」の表示はあくまで距離のみについて適用されるんです。

「駅まで徒歩○分」の物件の駅までの間に”開かずの踏切”や”交通量が多いのに信号が無い横断歩道”なんかがあったとしても、その待ち時間は一切反映されないわけです。なので、近いハズなのに思いのほか時間がかかってしまう、なんてことも起こりうるわけです。

*車の場合、時間帯によっては侵入禁止になっている道路なんかも気をつけた方がいいですね!学校のそばの通学路になっているところなんかでたまにあります!


まとめ

  1. 徒歩1分=80メートル
  2. 敷地端っこまでの最短距離が計測対象
  3. 踏切や、信号、横断歩道等々の待ち時間は含まない

以上、3つのルールを基に「徒歩○分」が決められているわけです。

こういうのを事前にしっかり説明してくれるような不動産屋さんならありがたいんですけどね。でも、まぁ人に頼ってばかりいないで自分でしっかり調べたりして知識を付けるのも大事ですね。

やはり自分の身は自分で守るしかないのです。大げさに誇張されたり、説明不足の事柄の多くは、我々に知識さえあれば看破できるのです。事前にしっかり予習しなきゃだめですよ!

しかし……

知識だけに頼りきってもだめです。百聞は一見にしかずです。必ず実際に自分の目で見に行きましょう。さらに、百見は一行にしかずです。見るだけでなく実際に行動に起こすことも大事です。


 

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

トップへ戻る